\ フォローしてね /

カーペットについたコーヒーや紅茶のシミ抜き方法

「朝の忙しい時間、バタバタしながら準備していたらうっかりコーヒーを倒してカーペットにシミを作ってしまった!拭き取ったものの茶色いシミが。クリーニングに出すには手間もお金もかかる・・・でもこのままというわけにもいかない・・・」

そんな時のために、この記事では、カーペットについたコーヒーや紅茶のシミ抜き方法をご紹介します。

用意するもの

  • 水入りスプレーボトル
  • 洗剤入りスプレーボトル(中性洗剤を薄めたもの)
  • きれいなタオル2枚ほど
  • 取っ手付きブラシ又はたわし

シミ抜きのやり方

STEP1:とにかくコーヒーを吸収させる

乾いたタオルをシミの上に乗せ、軽く叩くようにしてシミをタオルへ染み込ませます。

STEP2:洗剤入りスプレーを使ってシミをとる

シミの部分に洗剤入りスプレーを吹きかけ、乾いた綺麗なタオルを上から乗せ、取っ手付きのブラシ又はタワシを前後させるように動かします。

タオルへシミが移ったら綺麗な面を下にして、この作業をシミが目立たなくなるまで繰り返します。

STEP3:洗剤をとる

シミが取れたら洗剤を落としましょう。STEP2と同じ要領で水入りスプレーを使い洗剤を取り除きます。洗剤のついた部分に2〜3回ほどスプレーし、きれいなタオルをのせ取っ手つきブラシを前後に動かします。水分がタオルにうつったら再びスプレーし同じ工程を5回ほど繰り返して下さい。

絨毯を触って、粘着感がなくなり毛並みが1つにかたまらずバラバラになる様でしたら洗剤分は取れています。

STEP4:仕上げる

シミがとれた部分にタオルをおき、水分を吸い取る様に上から何回か叩くようにし、毛並みを整えれば終了です。

注意点

シミが奥に入り込んでしまうので激しくこすってはいけません。何回かに分けタオルへとシミを移していく様なイメージです。

またシミを取り終わった後、洗剤分を取り除くことを疎かにすると、洗剤のシミが残ってしまったり別の汚れを集めやすくなってしまったりする為、必ずきちんと洗剤分を取りさってください。

おわりに

シミが付いてしまった場合には出来るだけ早く対応が必要です。漂白剤を使う方法などもありますが、カーペットの色が変化しやすく、生地も傷めてしまう場合がある為、著者は上記方法がオススメです。

よろしければ参考にしてみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。