1. 趣味
    2. 夏の花!「朝顔」の育て方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    夏の花!「朝顔」の育て方

    日本の夏を代表する花の1つに朝顔があります。既に咲いているものを購入してきて、花を楽しむのももちろんよいですが、ここでは種からの育て方を紹介します。1年だけと言わず翌年も楽しんでみましょう。

    著者のガーデニング経験

    マンションのベランダで、ソバの花やペチュニアなど、丈夫で簡単な植物を育てています。土や肥料についてもきちんと調べず適当に行っています。室内ではポトス、ベンジャミン、アボカド、冬にはシクラメンも育てます。

    おすすめのつる性植物

    最近はグリーンカーテンとして見かけることもありますが、鮮やかな花の色が観賞用としておすすめなのが朝顔です。小学校で育てた経験がある方も多いのではないでしょうか。

    朝顔について

    開花は7~9月頃までで、花の色は多彩で、好みのものを選ぶことができます。冬には枯れてしまいますが、種をとっておけば翌年も種から育てる楽しみがあります。

    朝顔の育て方

    ホームセンターなどで苗を買ってくることもできますが、ここでは前の年にとった種からの発芽方法を紹介します。

    STEP1:種を水にひたす

    種を一昼夜ほど水にひたします。

    この段階で水に浮いてしまった種は取り除きます。
    種をまくのに適した時期は5~6月です。(発芽の適温は20~25℃)

    STEP2:種をまく

    1cmほどの深さにまいてうっすらと土をかけます。土は水はけのよいものを選びます。ホームセンターに売っている一般的な土で大丈夫です。

    種まきの段階では肥料は用いません。

    STEP3:芽が出る

    土の表面が乾いたらたっぷり水をあげましょう。1週間ほどで芽が出始めます。最初は双葉がひらき、続いて本葉が出てきます。

    著者は10粒程度植えましたが、芽が出たのは3つでした。

    このタイミングで液肥を与えると本葉が増えていきます。

    STEP4:摘芯する

    本葉が8枚になったところで新しい芽の先端を切ります。するとつるが枝分かれしてきます。一番丈夫そうなつるを残して後は切ります。

    この段階で支柱を準備して、つるをからませませ、下から左巻きに巻いていきます。

    夏場の手入れ

    夏場は「乾いたら」と言わず、朝夕水をあげてよいと思います。午前中はたっぷり日に当てて、午後はあまり直射日光が強い場合はすだれなどを使って、一時的に日影を作るのもよいでしょう。

    朝顔を選んだ理由とその魅力

    小学校でも育てた経験があることから「簡単かも」という気持ちで朝顔に挑戦してみようと思いました。その魅力は日本の夏を代表する花の1つであるという季節感と、花の色の美しさだと思います。

    おわりに

    朝顔は育てるところから楽しめるつる性植物ですね。夏には大輪の花を咲かせますように。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人