\ フォローしてね /

割り下いらず!関西風すき焼きの作り方

砂糖と醤油・野菜の水分で煮詰める、割り下を使わない関西風すき焼きをご紹介します。手軽に作れるよう、少量でフライパン調理のレシピになっています。

材料(1~2人分)

  • 牛薄切り肉・・・200~250g
  • 焼き豆腐・・・150g
  • マロニー・・・30g
  • 玉ねぎ・・・小1個
  • 長ねぎ・・・1本
  • エリンギ・・・100g
  • 砂糖・・・大さじ3~4
  • 醤油・・・大さじ3~4
  • 牛脂・・・適量
  • 卵・・・お好みで1~2個

作り方(調理時間:20分)

STEP1:下ごしらえ

マロニーを熱湯に約3分浸し、柔らかくなったら湯切りします。

豆腐は1口大に、エリンギは1本を3~4枚にスライスします。

長ねぎは1cm位の斜め切り、玉ねぎは縦半分に切ってから、繊維に直角にして約1cm幅にスライスします。

STEP2:牛肉を焼く

フライパンを熱し牛脂を擦り付けたら、弱火で牛肉をサッと軽く焼きます。

STEP3:砂糖と醤油で煮詰める

牛肉を中央に寄せて回りに豆腐・長ねぎ・玉ねぎ・エリンギを入れます。

牛肉の上に砂糖大さじ3をふりかけ、豆腐と野菜に醤油大さじ3をかけます。

そして野菜が柔らかくなるまで弱火で約5分、具材を返しがえし煮汁に絡めながら煮詰めます。

STEP4:マロニーを煮て出来上がり

柔らかくなった野菜を寄せてマロニーを入れます。煮汁が底を覆う位残っていないときや薄味のときは、砂糖と醤油を大さじ1ずつ加えます。また野菜の水分が少なめで味が濃い場合は酒大さじ1~2(分量外)を足します。

弱火で約3分煮詰めて、マロニーが透明色になったら出来上がりです。

すき焼きの割り下を使わないレシピとして、鶏肉で作るこちらのレシピもおすすめです。つみれを使った三昧関西風鶏すき焼きの作り方

さいごに

お好みで卵をつけて食べるのもおすすめです。ぜひお試しください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。