\ フォローしてね /

おかずも炊飯器利用で節電可能!蒸し鶏のサラダの作り方

料理は手際よく工夫することで節電ができます。簡単な節電方法のひとつが炊飯器での調理です。ご飯を炊きながらおかずも作ると楽して節電も可能です。

今回はとても柔かい「蒸し鶏のサラダ」の作り方を紹介しましょう。

材料(2人分)

  • 鶏胸肉:1/2枚
  • レタス:2,3枚
  • パプリカ:1/4個
  • 酒:小さじ1
  • 塩:少々
  • 出汁昆布:2×9cm
  • クッキングシート:30×30cm
  • 市販のドレッシング:適宜

作り方(調理時間:60分)

STEP1:鶏肉に下味をつける

クッキングシートの上に出汁昆布を敷いてから鶏肉を置き、塩と酒をふりかけて下味をつけます。

広げたクッキングシートの真ん中より上または下に鶏肉を置いてください。

STEP2:クッキングシートで包む

シートを半分に折って端を揃え2,3度折り返します。次に両端部分も揃えて2,3回くるくると折って密封します。

STEP3:炊飯器の釜に鶏肉を置く

米と水を分量通りセットした釜に、シートで包んだ鶏肉を乗せます。

通常の白米コースで炊飯します。

STEP4:レタスとパプリカを切る

レタスは1cm幅くらいのざく切りに、パプリカも食べやすい長さの細切りにして器に盛り付けておきます。

STEP5:炊飯後鶏肉を切る

炊きあがったら熱に気をつけて鶏肉を取り出します。

シートを開き、少し粗熱を取ってから鶏肉を食べやすい大きさにスライスします。

包んだシートの中には鶏から出た美味しいスープが溜まっています。脂が気になる場合は捨てても良いですが、美味しい中華出汁として使えます。

STEP6:完成!

少し冷まして器に盛り付ければ出来上がりです。お好みのドレッシングで召し上がれ。

おわりに

一般的には鍋を使ったり電子レンジを使うのですが、ご飯を炊くだけでやわらかく味がぎゅっと詰まった蒸し鶏ができます。

もちろんニオイがご飯に移ることもありません。炊飯のエネルギーだけでできる節電メニュー、ぜひお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。