\ フォローしてね /

中学理科「火山:火成岩のつくり」のまとめ

中学で習う「火山:火成岩」は、言葉や覚えるべき知識がたくさんあって、ごちゃごちゃしがちな分野です。頭をすっきり整理するために、大切なことをまとめます。

「火成岩」とは

火成岩は火山岩と深成岩から成る

マグマが冷えて固まった岩石をまとめて火成岩と言います。

火成岩には、マグマが地表付近で急に冷えて固まった火山岩と、地下深くでゆっくり冷えて固まった深成岩の2種類があります。その違いを表にまとめました。

どちらもマグマが冷えて固まったという点では同じですが、でき方の違いにより、それぞれ特徴があります。

火山岩と深成岩の組織の

火山岩は、マグマが急に冷えて固まったために、大きな結晶になれなかった石基と、鉱物の結晶である斑晶からなる斑状組織でできています。

それに対して深成岩は、マグマがゆっくり冷えて固まったために、鉱物の大きな結晶からなる等粒状組織でできています。

マグマの冷え方によって、組織に違いが生まれ、それぞれ火成岩の呼び名が異なります。

火成岩に含まれる鉱物(無色鉱物と有色鉱物)

次に、それぞれの火成岩を構成する鉱物についてまとめます。どの鉱物がどれだけ含まれるかによって、火成岩の種類が決まります。

有色鉱物・無色鉱物

  • 無色鉱物:長石、石英
  • 有色鉱物:黒雲母、角閃石、輝石、カンラン石

火成岩の構成鉱物

  • 流紋岩・花こう岩:主に石英、長石、黒雲母→白、粘り気(強)
  • 安山岩・閃緑岩:主に長石、角閃石→灰色、粘り気(中)
  • 玄武岩・はんれい岩:主に長石、輝石、カンラン石→黒、粘り気(弱)
一般に、ねばりけが強いほど色は白く、弱いほど黒くなります。
すべてを覚える必要はありませんが、岩の名前を聞いたときに「火山岩か深成岩か」、「白っぽいか黒っぽいか」などのイメージがつくようにしておくと、問題を解きやすいでしょう。

おわりに

簡単でいいので、実際に自分の手で表や図を描くことをおすすめします。目で眺めるより、ずっと頭に入りやすくなります。

似たような言葉がたくさんでてくる分野ではありますが、基本は「火成岩」ひとつから始まっています。まずは、一番上の表をしっかり頭に入れ、表を見なくてもすらすら言えるようになりましょう。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。