\ フォローしてね /

シンプルだけに美味しい!サバを使った塩焼きの作り方

塩焼きとは使う食材に塩をまぶして焼くだけの、とてもシンプルな料理方法です。シンプルゆえにその食材が持つ本来の美味しさを味わうことができます。今回はサバの塩焼き方法をご紹介します。

材料(2人分)

  • サバ・・・1切れ(小さい場合は2切れ)
  • 塩・・・適量
  • 酒・・・大さじ3

作り方(調理時間:25分)

STEP1:サバを切る

サバを軽く洗ってからキッチンペーパーなどで水気を拭き、2等分に切ります。

STEP2:切込みを入れて塩を振る

表面に十字の切り込みを入れて、両面に塩を振り、10分程置きます。

切り込みを入れることで中まで味が浸透しやすくなります。

STEP3:酒をふる

水気が出てきたら再度キッチンペーパーで水分を取り、両面にお酒をかけます。

出てきた水気は魚の臭みを含んでいますので、きちんと拭き取りましょう。

STEP4:味付けの塩をふる

味付けの塩を両面にふります。

塩の量は好みによりますが、全体的にうっすら塩がかかるくらいが程よい味付けになります。

STEP5:焼く

皮面を上にしてグリルで焼きます。予めグリルの網に少し油を塗っておくと魚がくっつかずきれいに焼けます。

強火で5分くらい焼くと少し焦げ目がついてくるので裏返します。

裏側も強火で5分くらい焼くと焦げ目がついてきます。

STEP6:完成!

お皿にうつして完成です。お好みで大根おろしを添えて一緒に食べても美味しいです。

さいごに

いかがでしたか。塩焼きの前にお酒をかけることで身がふっくらとした仕上がり、塩焼きの美味しさが引き立ちます。少しでも参考になれば嬉しいです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。