\ フォローしてね /

ルアー釣りを楽しもう!川釣りの楽しみ方・必釣法

川釣り、主に中流域、下流域では沢山の魚種と触れ合う事ができます。汽水域と呼ばれるエリアでは海の魚も釣れることもしょっちゅうです。

今回はそんな川におけるルアー釣りを紹介したいと思います。

ターゲット

ルアーと呼ばれる小魚を模した疑似餌を使い魚を釣ります。

小魚をエサとする魚たちの性格は獰猛。その引きはダイナミックかつ強烈で、多くの釣り人を楽しませてくれます。

ナマズ

夜行性の魚でナマズを釣る場合は主に夜の釣行となります。

ポイントは流れの緩い浅瀬。ルアーに対して派手な捕食音と共に食いついてくる様子はとても興奮します。

ブラックバス

基本的には一日中、明るい時間帯も暗い時間帯も釣る事ができます。

明るい時間帯は陰になる場所や障害物の周りを、暗い時間帯は小魚の集まる場所を選ぶと良いでしょう。

スズキ

こちらも基本的には一日中釣る事ができます。

川の流れの強くなっている場所付近で小魚を待ち伏せして捕食するケースが多いです。

釣具

ウェア

基本的にカジュアルな軽装で楽しむ事ができます。しかし水辺に出るため靴底にフェルトやスパイク処理がしてある長靴等を履くと、滑って転ぶという危険を回避することができます。

また、釣り針が頭等に刺さって怪我をするのを防ぐ為の帽子や不慮の事故を想定してライフジャケットの着用も必須です。

ロッド

6ftから8ft前後のルアーロッドを使用します。川幅が狭かったり頭上に木などの障害物がある場合は短いロッドを、遠投が必要な場合は長めのロッドを使用するといいでしょう。

著者が使用しているのはどのターゲットに対しても同じ7.6ftで、ハリの強いロッドを使用します。ハリの強さを活かす事で遠投もでき、やや短めのロッドは取り回しの良さやロッドを振り続ける疲れの軽減にも一役買ってくれます。ハリの強さは不意の大物にも耐えることにもなります。

リール

リールについては糸巻量が100m前後あり、ドラグ機能を有したリールを使用します。ルアーを投げると50m程飛びます。仮にそこで魚が掛かったとしてそれが大物だった場合、圧倒的なパワーで沖へ魚が走ることがあります。その時に糸切れを防ぐのがドラグ機能であり、糸がなくならないために糸巻量100m以上確保できるリールが必要となります。

仕掛け

仕掛けはルアーを使用します。ルアーを選ぶ基準は好みが一番です!好きなルアーであれば投げ続ける事ができますし、釣れた時の喜びも大きいと思います。

またルアー交換をスムースに行う為に専用のスナップを使うとわざわざ糸を結びかえる手間が省けます。

また糸の太さは対象となる魚に合わせるのがベターですが、PEラインであれば1号から1.5号、ナイロンラインであれば3号から5号をリールに巻いておけばまず問題はないでしょう。

楽しみ方・必釣法

楽しみ方は無限大

楽しみ方は人それぞれと思いますが、著者は水中をイメージしてルアーを泳がせターゲットがイメージ通りに食いついてきた瞬間が一番の醍醐味と思っています。

また夜釣りの場合は視覚に頼ることができない分、他の感覚を研ぎ澄ましての釣りになるため、スリルを味わうことができます。

流れを探る

著者が魚を釣る上で一番意識をするのが流れを探るということです。川は常に同一の流れではなく、全体的な流れの中で一部流れが強く絞られている箇所が必ず存在します。ルアーの引き抵抗でそこを探り当て、攻め続ける事で魚からの反応を得る機会が多いと感じます。

そして、一番の必釣法はずばり「殺気を消す!」です。

釣りたい!釣りたい!釣れろ!釣れろ!と肩に力が入っているとそれがルアーに伝わるのかあまり釣れません。鼻歌交じりで釣りそのものを楽しみながらやってみると良いと思います。

さいごに

安全第一で楽しむ

相手は自然であり、例え危険性が少ないように見える場所でもそれは人間側の勝手な判断であり、思い違いである場合があります。

決して無理はしないこと、危険と思われる場所で釣りはしないこと、ライフジャケットを必ず着用すること、安全面を第一に考え釣りを楽しみましょう。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。