\ フォローしてね /

山で食べたい洋食レシピ!簡単「山風ポトフ」の作り方

山頂で絶景を望みながら食べる食事は、平地の何倍も美味しく感じられるものです。ここでは、山でできる簡単料理レシピをご紹介したいと思います。

必要な材料(2~3人分)

  • じゃがいも:小2個
  • にんじん:1/2本
  • 玉ねぎ:小1個
  • ウィンナーソーセージ:大2本(もしくは小5~6本)
  • ローリエ:1枚
  • 固形コンソメ:1個
  • スープ塩:1g(なければ塩コショウでOK)
  • 水:3カップ(現地調達が望ましい)

必要な道具

  • コッヘル(鍋)
  • ガスカートリッジ
  • ストーブ
  • ライター
  • フリーザーバッグ
  • 保冷剤

「山風ポトフ」の作り方

STEP1:家で具材の下準備をする

じゃがいも、にんじん、玉ねぎの皮をむき、ウィンナーソーセージとともに、食べやすい大きさに切っておきます。

STEP2:フリーザーバッグに入れる

切った具材とローリエをフリーザーバッグに入れ、保冷剤と一緒にザックの中にしまいます。

STEP3:コッヘルに具材を入れる

山で食事ポイントに到着したら、コッヘル(鍋)にジップロックの中の具材と、固形コンソメ、スープ塩、水を入れます。

STEP4:調理器具のセッティングをする

ガスカートリッジにストーブを取り付け、ライターもしくはマッチで点火します。

STEP5:じっくり煮込む

ストーブの上にコッヘルを載せ、野菜が柔らかくなるまでじっくりと煮込みます。

STEP6:完成!

完成です!

山で調理する時の注意点

ゴミを出さない工夫をしましょう

山で野菜を切って作ってももちろん良いのですが、皮などがゴミになってしまい持ち帰らなければなりませんし、手間もかかってしまいます。なので、当日食べる分であればフリーザーバッグに保冷剤を添えて、カット野菜を持っていった方が簡単です。

おわりに

つい先日も、東京の高尾山に登ったときに、この山風ポトフを作って食べました。具だくさんでお腹が満たされ、帰路への活力がみなぎってきました。やっぱり、山で料理して食べるのは格別です!

栄養とボリューム満点なので、体力の回復にもってこいのレシピです。ぜひ一度山で試してみて下さいね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。