1. 暮らし
    2. 天板の奥行きは広いのが1番!納得のいくキッチン作りのコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    天板の奥行きは広いのが1番!納得のいくキッチン作りのコツ

    キッチンは主婦の城です。それだけに、料理がしやすいよう、動線も考えてプランニングしなければいけません。キッチン作りのコツについて、書いていきます。

    居住する家族構成

    夫婦と息子1人です。

    キッチンのタイプ

    片側1面だけ壁についているセミオープンのペニンシュラタイプのキッチンです。幅250cm、奥行き100cmのフラットのステンレス天板です。

    なぜそのようなプランにしたか

    リフォームをして、今のキッチンになりました。以前のキッチンは対面型カウンターキッチンで、天板より20cm高いカウンターがキッチンの前にあるタイプでした。上の図のような感じです。

    対面型だとカウンターが邪魔で、お皿をシンクの中に反対側から置いたりすることが出来ませんでした。また、キッチンの天板も奥行60cmでとても狭く、調理しにくかったです。

    そのため、奥行き100cmの天板を選び、カウンターがないフラットな形のキッチンにしました。

    納得のいく住居にするためのコツ

    冷蔵庫の位置

    冷蔵庫の位置は、キッチンの入り口付近にした方がいいと思います。買い物から帰ってきてすぐ物を入れることが出来ますし、料理している最中、子供がジュースを取りに中まで入ってくることもなくなります。

    コンセント

    キッチンの天板の上は難しいですが、キッチン横手あたりにコンセントを設置することをお薦めします。背面でなく、キッチン本体自身にコンセントがあると、とても便利です。ジューサーやフードプロセッサーを使うときに重宝します。

    筆者は矢印の位置につけていますが、コーヒーメーカーで使ったり、電動泡だて器で使ったりしています。

    キッチン天板の奥行

    使ってみて思うことは、とにかく、キッチン天板は広ければ広いほどいいという事です。奥行きが100cmもあると、あちこちにつくった物を置けるので、本当に楽です。予算が許すかぎり、広い天板を選ばれることをお薦めいたします。

    大変だったこと

    ショールームまわりは楽しくもありましたが、大変でした。コンロ、オーブン、換気扇、水栓、天板と、それぞれ沢山のショールームを見てまわりました。遠方まで行ったりしたので、日数もかかり、本当に大変でした。

    やっておいてよかったこと

    やっておいてよかったことは、キッチンの天板を見に行ったことです。

    著者は天板をヘアライン仕上げのものにしました。ハウスメーカーが薦めたのは、天板の表面がエンボス加工のものでした。初めはそれでいいかな、と思っていたのですが、実際見に行ってみると、ヘアライン仕上げの方がとても綺麗で一目ぼれしました。

    確かにヘアライン仕上げは掃除が大変です。水垢もつきやすいですし、傷も目立ちます。でも、気にいったキッチンの方が手入れもこまめになると思います。

    やるだけの事はすべてやったので満足しています。やっておけばよかったと思うことは、まったくありません。

    エピソード

    業者の方が「時代が変わりましたね」と仰っていました。昔は、キッチンの天板の奥行きが100cmなんて考えられなかったそうです。確かに、10年程前までは、60cm程度の奥行きが主流だったと思います。

    でも、100cm奥行の天板を入れることが出来て、本当に良かったです。毎日、料理をしながら、使いやすいキッチンだと実感しています。

    おわりに

    キッチンのプランニングは、とても大切です。扉材などにこだわるのも大切ですが、それ以上に、冷蔵庫の位置や、天板の大きさなども、しっかりこだわられますことを、お薦めいたします。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人