1. 暮らし
    2. 出し入れ楽々!収納ケースで押入れを活用する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    出し入れ楽々!収納ケースで押入れを活用する方法

    下着や靴下、Tシャツ、ジーンズなど頻繁に出し入れする普段着の整理はタンスがあれば便利ですね。しかし、タンスはスペースをかなり占領します。筆者の部屋はそれほど広くないので、押入れを活用しています。

    筆者が実践している押入れのアイデア収納術を紹介します。

    たくさん入れても取り出しやすくするコツ

    筆者は押し入れからものを楽に出し入れするために「収納ケース」を活用しています。また、押入れの上段と下段で使用する収納ケースの種類を別のものにしています。

    押入れ上段の収納方法

    押入れ上段は引き出し式の収納ケースを使用しています。

    押入れ上段の収納ケースは取り出しやすい位置なので、筆者は毎日使う下着などの衣類を収納しています。

    押入れ下段の収納方法

    押入れ下段はコロ付の収納ケースを3段重ね2列、衣替え用1列の3列で使用しています。

    普段使いは右の2列です。一番左は衣替え用と普段あまり使わないものを収納しています。

    押入れは意外とホコリが溜まります。コロ付の衣装ケースにすることで簡単に押入れから取り出せ、掃除が楽になります。

    1段目:靴下やシャツなど普段よく取り出すもの

    1段目に筆者は靴下やシャツなど、その日によってコーディネートするアイテムを収納しています。

    2段目:少しかさばるパンツ類・トレーナーなど

    2段目の収納ケースはパンツ類やトレーナーなどを収納しています。

    1段目と2段目は頻繁に出し入れするため、背の低いタイプを使用しています。

    3段目:使用頻度の少ないもの・季節外のもの

    3段目の収納ケースは背の高い、容量の多いものを使用しています。

    電気毛布や季節外で使用頻度の少ない衣類(浴衣やセータなど)を収納しています。

    収納のポイント

    ケースの上に布団を収納する

    筆者は押入れ上段に布団を収納します。引き出し式の収納ケースなら上に布団など置いても使用できます。

    下段の衣装ケースを季節ごとに分ける

    押入れ下段の衣装ケースを「春夏の衣類」「秋冬の衣類」と分けることにより、衣装ケースの位置を替えるだけで、簡単に衣替えができます。

    左が「秋冬の衣類」、右が「春夏の衣類」です。

    普段出し入れしているときに気をつけること

    押入れ下段の1段目の収納ケースは取り出しやすく、選びやすくするためフタを外して使用しています。

    注意点

    押入れのサイズを必ず測ってから収納ケースを選ぶ

    収納ケース購入にあたり、必ず押入れのサイズを測ってから収納ケースを選んでください。

    収納ケースの並べたときの幅と収納ケースを積み重ねたときの高さは少し余裕があるほうが出し入れしやすいです。

    出し入れするときの注意

    押入れの中と外に段差があると、敷居や床に傷がつきやすいです。出し入れには注意してください。

    おわりに

    筆者は引っ越しが多いため、コロ付収納ケースは、引っ越しのときも重宝しました。

    押入れは活用次第で、とても有効な収納スペースになります。この記事をぜひ参考にしてみてください。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人