\ フォローしてね /

「地層:地層のでき方」の学び方3つのポイント

地層分野を学ぶには、「地層はどのようにしてつくられたか」、「地層をつくるものはなにか」、「地層から何がわかるか」の3点がポイントになります。以下、わかりやすくまとめてみました。

地層とその広がり(地層はどのようにしてつくられたか)

地層の多くは、れき・砂・泥が海底や湖底に長い間積み重なってできます。この積み重なりのことを「堆積」といい、厚さと広がりを持っています。下の地層ほど古く、上の地層ほど新しいです。

  • 風化:大地をつくる岩石などが、気温の変化や風・雨などによってぼろぼろになり崩れること。
  • 侵食:岩石が、流れる水のはたらきで崩れること。
  • 運搬:崩れたり削られたりしてできた、れき・砂・泥などが、川の水のはたらきによって下流へ運ばれること。
  • 堆積:平野や海など、流れがゆるやかになったところに積み重なること。扇状地や三角州などをつくる。

地層の形成(地層をつくるものはなにか)

海底や湖底に積み重なったものが、その重さで押し固められて固い岩になったものを堆積岩といいます。堆積岩には、れき岩・砂岩・泥岩・チャート・石灰岩・凝灰岩などがあります。

堆積岩の種類を以下に紹介します。

流水によってできるもの

流水による土砂が堆積してできた堆積岩は、上記のれき岩・砂岩・泥岩で、それぞれルーペで見るとイラストのように見えます。れき岩は直径2mm以上の粒、砂岩は直径1/16~2mmの粒、泥岩は直径1/16mm以下の粒です。

火山噴出物が堆積したもの

凝灰岩は、火山が噴火した際に飛び散った火山灰や火山れき、軽石などが堆積してできたものです。角ばった粒(鉱物の結晶)で、できています。

生物の死骸や殻などが堆積したもの

石灰岩やチャートは生物の死骸や殻が堆積してできたものです。石灰岩は、サンゴやフズリナの化石を含む石灰質の生物の死骸や海水中の石灰が固まったもの、チャートはケイ酸質の殻をもつ生物の死骸が固まったものです。薄い塩酸をかけると、石灰岩は二酸化炭素を出して溶けますが、チャートは何も変化しません。

地層の対比(地層からなにがわかるか)

地層には、当時そこにすんでいた生物の死骸や足あとなどが取り残されていることがあります。これらを化石といいます。化石によって過去の大地の様子を知ることができます。化石には大きく分けて2種類あります。

示相化石

地層が堆積した当時の環境を知ることができる化石のことを言います。例えば、サンゴ(温かくて浅い海)やシジミ(湖もしくは河口)、マンモス(冷帯などの冷たい気候)など、限られた環境にしかすめない生物の化石が多いです。

示準化石

地層が堆積した年代を知る手がかりとなる化石のことを言います。広い範囲に生息していて、短い期間に繁栄・絶滅した生物の化石です。

  • 古生代:フズリナ、サンヨウチュウなど
  • 中生代:アンモナイト、恐竜など
  • 新生代:ビカリア、ナウマンゾウなど

おわりに

今回はポイントを3つに絞ってご紹介しました。是非、参考にしてみてください。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。