\ フォローしてね /

大人の男性へのプレゼントに!濃厚ナッツチョコケーキの作り方

大人の男性へのプレゼントにぴったりな、少しビターで濃厚なチョコレートケーキの作り方をご紹介します。焼きたてはふわっとした口溶けで、冷めるとしっとり。ナッツを入れることで、滑らかな食感の中にカリッ、コリッとしたアクセントが生まれ、飽きずに召し上がれます。自分へのご褒美デザートにしても良いし、小さく切ってプレゼントするのにも最適です。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi

大人の男性へのプレゼントにぴったりな、少しビターで濃厚なチョコレートケーキの作り方をご紹介します。

焼きたてはふわっとした口溶けで、冷めるとしっとり。ナッツを入れることで、滑らかな食感の中にカリッ、コリッとしたアクセントが生まれ、飽きずに召し上がれます。

自分へのご褒美デザートにしても良いし、小さく切ってプレゼントするのにも最適です。

材料(18cmのパウンドケーキ型1台分)

  • ビターチョコレート…100g(板チョコ2枚)
  • サラダ油…50ml
  • 卵…2個
  • グラニュー糖(または上白糖)…50g
  • 牛乳…100ml
  • ミックスナッツ(食塩不使用のもの)…70g
  • ココアパウダー(無糖)…40g
  • 食品用・重曹(ベーキングパウダー小さじ1でも代用可)…小さじ1/2
重曹は必ず食品用と書かれているものを使用してください。掃除用のものと間違えないように注意しましょう。
ナッツ以外のアレンジもおすすめ
ナッツ以外にもレーズンやいちじくなどのドライフルーツ、洋酒を少し混ぜ込んでもよく合います。高級感のある大人の味に仕上がるので、ぜひ試してみてください。

道具

  • ボウル
  • 泡立て器
  • 粉ふるい器
  • ゴムべら
  • オーブン
  • クッキングシート
下準備として、湯煎用のお湯を沸かし、オーブンを180℃に温めます。

作り方

STEP1:ナッツを刻む

ナッツ(カシューナッツ、マカデミアナッツ、アーモンド、くるみ)を包丁で粗く刻みます。

ナッツは無添加のものを
このナッツは食塩、油不使用のものを使っています。余計な味付けがされていると食べたときに合わない可能性があるので、無添加のものを選んでください。

STEP2:チョコレートと油を湯煎で溶かす

チョコレートにサラダ油を加え、混ぜながら50~55度の湯煎で溶かします。

サラダ油でしっとり仕上がる
サラダ油を入れることでパサつかず、しっとり仕上がります。バターを使うよりも手軽であり、仕上がりも重くなく、チョコレートの香りがシンプルに楽しめます。
チョコレートに水分は大敵です。うまく固まらなくなるので、道具の水分はしっかりふき取り、乾燥したものを使いましょう。また、湯煎の温度は高すぎるとチョコレートが分離したり、風味が飛んでしまうので守ってください。温度計は100円ショップでも買えます。もし、温度計がどうしてもない場合は、沸騰したお湯と水道水(10~18℃)を同量混ぜるとだいたい50~55度にできます。

このとき、写真のように小さいボウルに湯を入れ、上に大きいボウルを乗せて溶かすようにします。下からの湯気や水分が、チョコレートに入り込まないようにするためです。

STEP3:卵と砂糖を混ぜる

ボウルに卵とグラニュー糖を混ぜ合わせ、泡立て器で軽く泡立てます。

STEP4:チョコレート、牛乳を混ぜる

STEP3にチョコレートと牛乳を順に加え、その都度よく混ぜ合わせます。

STEP5:粉を混ぜる

ココアパウダーと重曹をSTEP4にふるい入れて、ゴムべらでよく混ぜます。

STEP6:ナッツを混ぜる

STEP5に砕いたナッツを加え、軽く混ぜ合わせます。

STEP7:焼く

クッキングシートを敷いた型に流し入れ、180℃のオーブンで30分焼きます。

クッキングシートがないときは?
クッキングシートがない場合は、型の内側にバターや香りのない油を薄く塗り、薄力粉を軽くまぶしておくとキレイに外せます。

STEP8:完成!

切ってお皿に盛りつければ出来上がりです。

シンプルな工程で作りやすい!

重曹(またはベーキングパウダー)を使うので、卵の泡立てが必要ない作り方です。

本来、重曹を使うと特有の味のクセや焼き上がりの色が気になったりしますが、ビターで濃厚なチョコレートケーキなのでまったく問題なく美味しく召し上がれます。

材料を揃えたら、混ぜて焼くだけと工程もとっても簡単。薄力粉を使わないので、生焼けを心配する必要もありません。

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。