\ フォローしてね /

中も外も綺麗に!サンダルのお手入れ方法

このライフレシピのもくじたたむ

夏のお洒落に欠かせないサンダル。脱いだ瞬間に中敷きの汚れにはっとして恥ずかしい思いをしたことはありませんか。

さて、この記事では、中も外も綺麗にするサンダルのお手入れ方法を紹介します。

ご紹介するのは、布・スエード製以外のサンダルのお手入れ方法です。

お手入れに必要なもの

  • アウターインナーローション(汚れ落とし)
  • やわらかい布3枚

このローションは靴屋で購入しました。価格は500円でした。

靴の表面および内面の汚れを落とすだけではなくカビ止め効果もあるようです。

お手入れの方法

STEP1:全体のほこりや汚れを軽く拭く

全体のほこりや汚れを乾いた軟らかい布で軽く拭きます。

STEP2:布にローションを付ける

軟らかい布にローションを適量付けます。

布に軽く馴染ませます。

STEP3:サンダルの表面の汚れを拭き取る

表面の汚れを拭き取ります。

ごしごし擦る必要はありません。

STEP4:内側の汚れを拭き取る

内側の汚れを拭き取ります。

STEP5:中敷きの汚れを拭き取る

中敷きの汚れを拭き取ります。

STEP6:かかと部分の汚れを拭き取る

かかと部分の汚れを拭き取ります。

STEP7:底面の汚れを拭き取りもう片方も同様に手入れする

最後に底面の汚れを拭き取ります。新しい布に取り換えて、もう片方も同様にお手入れします。

シミや色落ちする革もあります。目立たない部分で試してからご使用ください。

注意すべきこと

  • 長時間、履いた日
  • 足汗をかいたなと感じた日
  • 汚れが気になる時

その日のうちにお手入れをしてから下駄箱にしまいます。

サンダルの汚れは時間が経てば落ちにくくなったり、シミになったりします。その日のうちに汚れを取る習慣をつけましょう。また下駄箱は1週間に1度は扉を開け、風を通すようにしましょう。

梅雨時はカビが発生しやすいので履かなくても2週間に1度はお手入れをします。

おわりに

お気に入りのサンダルはずっと綺麗なままで履きたいですよね。こまめなお手入れで、持ちがぐんと違ってきますよ。足元って意外と見られている場所なので意識を忘れないようにしたいですね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。