\ フォローしてね /

お気軽ルアーフィッシング!防波堤で釣りをする時の道具

防波堤は比較的安全に様々な種類の釣りを楽しむ事ができ、豊富な魚種に触れ合える場所です。

是非この機会に防波堤でのルアーフィッシングを始めてみてはいかがでしょうか。

主なターゲット

防波堤からルアーで狙える主なターゲットはスズキ、クロダイ、アジ、イカ等がいますが、今回はそんな中でも最も大型で強い引きを味わえるスズキ釣りをご紹介します。

道具と仕掛け

ウェア

軽装で楽しむ事ができます。これからの時季は直射日光を防ぐ上で帽子を着用しましょう。また不意の落水に備え、ライフジャケットの着用を強くおすすめします。

竿

遠投が必要になる場合があるため、9ftから10ftのルアーロッドが良いでしょう。著者は9ftのルアーロッドを使用しています。

リール

糸巻量が150m以上あるリールが良いでしょう。深いところでは水深30m以上にもなります。ルアーを遠投して深場を攻められるようにリールの糸巻量に注意しましょう。

ライン

遠投性能と引張強度に優れたPEラインを使用します。号数は1号から1.5号が良いでしょう。またPEラインに先糸と呼ばれるナイロンラインを結ぶと根ズレや魚の歯によるラインの切れを防ぐことができます。

ルアー

浅い層から深い層まで探れる特徴を持ったバイブレーションプラグ(画像参照)をメインに使用します。著者も防波堤で釣りをする場合、バイブレーションプラグを多用します。

釣り方

ルアーフィッシングは基本的にルアーを投げて巻くだけですが、それだけでは釣るのに限界があります。それではどのようなポイントに注意するのか?

潮の動き

海には潮流と呼ばれるものが存在します。潮が動いてる時間帯を狙うと良いでしょう。満潮時や干潮時は潮止まりと呼ばれ魚の活性が低くなります。

ルアー操作

ルアーは基本的に巻けば動くようにできているため無駄な操作はあまり必要ではありません。それよりルアーが泳いでる泳層を意識しましょう。

先程紹介したバイブレーションプラグは水に浮かずに沈むのが特徴です。泳層を上から下へと攻めていくのがコツです。

具体的には最初の10投はルアーが着水してからすぐに巻き始めます。そして、次の10投はルアーが着水してから3秒カウントダウンしてから巻き始め、次の10投は5秒カウントダウン、さらに次は10秒カウントダウンという具合に攻めると色んな泳層を探ることができます。

リールを巻くスピード

色んな泳層を探るの同様にルアーのスピードも重要になります。スズキは活性が高い時ほど早く泳いで長い距離エサを追い、活性が低い時ほど遅く泳ぎ、長い距離を追いかけません。

何投かごとにリールを巻くスピードを変えるなどしながら探ると良いでしょう。

安全第一

自分の安全はもとより、沢山の釣り人で賑わうのが防波堤ですので周囲の安全にも気を配りましょう。

ルアーを投げる際は、後ろに人がいないかを確認し、横の釣り人と充分な距離を取りましょう。投げようとしたルアーが人にぶつかってしまうと大怪我をしたり、場合によっては失明することもあります。周囲に充分注意しましょう。

安全第一で防波堤フィッシングを楽しみましょう!

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。