\ フォローしてね /

小学生には便利!カラーボックスでランドセル置き場作り

カラーボックスを使って小学生のランドセル置き場にしました。

準備するもの

カラーボックス

  • 高さ59cm×幅41cm×奥行き29cmの二段のカラーボックス(ホームセンターで800円程で購入)
  • 高さ87cm×幅41cm×奥行き29cmの三段のカラーボックス(ホームセンターで1000円程で購入)

カラーボックス用の箱

カラーボックス用の箱を100円ショップで購入しました。

カラーボックス収納のポイント

ポイント1:高さ

身長120cmの子どもにとって、二段のカラーボックスの上にランドセルを置いて教科書の出し入れをしたり、そのままランドセルを背負ったりするときに高さがちょうどいいようです。

ポイント2:ボックス

カラーボックスの中の収納用の箱に、小学校で使う学用品などをいれておきます。

使う頻度の高いもの(ハンカチ・ティッシュ・給食セットなど)は上のボックスへと収納します。使う頻度の低いものや雑巾などの在庫は下のボックスへ収納します。

また、三段のカラーボックスは、習い事で使うものを上のボックスへ収納しています。真ん中と下のボックスは通常は空となっています。ここには夏休み等に持って帰ってくる学用品(絵の具や粘土など)を収納します。

カラーボックスの収納での注意点

カラーボックスの上にランドセルを置くと重さでぐらつくことがあります。
下のボックスはなるべく重さのあるものを入れて重しにするといいと思います。

おわりに

ランドセル用の棚を購入するとなるとサイズも決まってしまったり、棚の部分が細かく仕切られてしまったりで思い通りのものがなかなか見つからなかったため、カラーボックスを利用しました。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。