\ フォローしてね /

夏の風物詩!ホタルの折り方

夏になると思い出すものには、浴衣、花火、夏祭りといろいろなものがありますが、中には「ホタル」を挙げる方もきっといるでしょう。筆者も実際に2~3度しか見たことがありませんが、あの儚げな光がとても幻想的で、子どもにもいつかぜひ見せたいと思っています。

今回はそんな「ホタル」の折り方をご紹介したいと思います。

用意する材料・道具類

  • おりがみ(15センチ四方の一般的なもの)
  • 黄色のおりがみ、またはシール(ホタルの光用に使うもの、少量)

ホタルの折り方

STEP1:縦に折り目をつけて横に三角に折る

縦に三角に折り目をつけてから、横に三角に折ります。

STEP2:中央の線に沿い三角のカドを折る

中央の線に従い、三角のカドを折ります。この時、カドの先が少しだけ外側になるように少しすきまを空けます。

STEP3:上のカドを折り込む

上のカドから1cm程度のところを折り、折ってできる小さな三角のカドに合わせるように、もう1度折り込みます。

STEP4:裏返し中央の線に合わせるよう両端を折る

裏返して、中央の線に合わせるように、両端を折ります。

STEP5:さらに両端を折る

図のように、両端をカドから約1cmのところを折り込みます。

STEP6:裏返して完成

裏返せば「ホタル」の完成です。

黄色いおりがみやシールをおしりの部分に貼ると、ホタルが光っているように見えます。

上手に折るコツ

何度か同じ方向に折るため、おりがみが分厚くなるので、折る時は力を強めにしてしっかり折ると、折り目の戻りも少なくきれいに仕上がります。

実物のホタルを見る機会はなかなかありませんが、子ども達にぜひ日本の夏の風物詩である「ホタル」を教えてあげて下さい。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。