\ フォローしてね /

簡単にはらわたが取れる!サンマの下ごしらえの方法

魚料理は苦手な人も多いですね。下ごしらえが大変そうなイメージがあるからかも知れません。魚の中でも安くて美味しいサンマは庶民の味方です。下ごしらえもとても簡単ですよ。

今回はサンマのはらわたの取り方を2例紹介します。

「魚のさばきかたって難しい…」この記事をチェックして料理を美味しく!
魚介類の下ごしらえの方法

頭をつけたままの下ごしらえ

一番シンプルで美味しいのが塩焼き(姿焼き)ですね。頭をつけたまま調理する場合のはらわたの取り方です。

準備するもの

  • まな板
  • キッチンペーパー
  • 包丁

STEP1:まな板にキッチンペーパーを敷いてサンマを置く

まな板にキッチンペーパーを敷いて、腹側をこちらに向け、包丁の先を頭の下に差し込みます。

まな板に直に置いても構いませんが、ペーパーを敷くと水分が取れ、はらわたも包んで捨てられるので片付けが楽にできます。

STEP2:お腹の中央下まで切りこみを入れる

包丁の先を使いながら深さ1cmくらいの切りこみを下まで入れます。腹の中央より下にある小さなひれのあたりまで入れて下さい。

後は包丁の先ではらわたを引き出します。

STEP3:水洗いする

流水でさっと水洗いして血を流します。

終了

これではらわたは全部取れました。下ごしらえは終了です。

頭を切り落とす場合の下ごしらえ

フライパンを使って塩焼きしたり、ムニエルにしたりする場合は頭を落として使います。この場合は腹を開かずにはらわたを取る方が調理しやすくなります。

準備するもの

  • まな板
  • キッチンペーパー
  • 包丁

STEP1:背中を手前側にしてサンマを置く

まな板にキッチンペーパーを敷き、サンマの背中を手前側にして置きます。

STEP2:頭の付け根に切りこみを入れる

腹側を1.5cmほど残して頭の付け根を切ります。

このとき、包丁を持った反対の手で胴体をつかみ、サンマを立てるようにして包丁の中ほどで切るとやり易いです。

STEP3:頭をねじって引っ張る

腹側を手前に向けて、頭をつかみ手前にねじるようにします。勢いよくすると頭だけ取れてしまうので、はらわたが付いたままになるよう加減して下さい。

その状態で引っ張るとするっとはらわたが抜けます。

STEP4:水洗いする

筒状に空いた腹部分を流水でさっと洗います。

終了

これではらわたは取れたので、後は適当な大きさに切ります。もちろんこのまま調理することもできます。

さいごに

ウロコを取ったりさばいたりしなくても、はらわたさえ上手く取れればすぐに調理できるのがサンマの良いところです。

簡単なので是非やってみて下さい。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。