\ フォローしてね /

子ども用収納ボックスはNG!インテリアに統一感をもたせるおもちゃの収納術

この記事では、インテリアに統一感をもたせるおもちゃの収納方法をご紹介します。

子どものおもちゃには、赤や黄色など原色を使った物が多くて、出したままにしておくと統一感のない部屋になってしまいますね。カラーボックスとカラーボックス専用の収納ボックスを利用して統一感をもたせましょう。

自宅のおもちゃが統一感のある収納がしにくい理由

子どものおもちゃには様々な種類のおもちゃがあります。それらを片付けようとして、子ども向けのおもちゃ専用のおもちゃ箱や収納ボックスなどを購入すると、様々な色使いの統一感のない部屋となってしまいます。

なので、筆者宅では将来的なことを考えて、成長しても使える少し大人向きのカラーボックスとカラーボックス専用の収納ボックスを、複数使用しています。

収納の方法

おもちゃを種類別に分けて収納する

ブロックやミニカー、ぬいぐるみなど種類別に分けて、おもちゃの量に合った収納ボックスに収めていきます。

1つのボックスに1種類のおもちゃを入れると、子どもが片付けをしやすいです。まとまらない細かいおもちゃは「何でもボックス」と決めて、分類できないおもちゃを入れるボックスを用意しておくといいです。

ボックスにたくさんのおもちゃを入れすぎると、カラフルなおもちゃがボックスからはみ出てしまいます。おもちゃが隠れるよう(部屋のインテリアの統一感がなくならないよう)、入れる量を少なめにすると良いです。
分類したおもちゃは、軽い物を上方へ、重い物は下方へ収納すると取り出しやすくなります。

収納のポイント

収納ボックスは赤ちゃんでも安心して持ち運びできるように、柔らかい素材の物を選ぶと安全です。自分の遊びたい場所へボックスごと持ち運んで、遊んだらボックスに片付けて元の位置へ戻せます。

元気な赤ちゃんは、ボックスごと投げたりするので、柔らかい籐のボックスなら人や家具に当たっても安心です。

内側に布が貼ってあるタイプの籐の収納ボックスは、ささくれが出ず、安全です。

その他、おもちゃの収納についての注意点

おもちゃは、子どもが頻繁に出し入れするものなので、ボックス内が汚れていることがあります。たまに中身を全て出して掃除をしましょう(筆者は1年に1度、ゴミを捨てて、布製品用クリーナーでスプレーして乾かします)。

おわりに

子どもが片付けたくなるような仕組みを作ると、子ども自身が片付けられるようになります。子どもは、簡単に大雑把に収納するだけでよいので、楽しく片付けをすることができます。

おもちゃを落ち着いた色のボックスに片付ければ、部屋もスッキリしてインテリアに統一感がでます。子育て中も素敵なインテリアの部屋で、過ごしたいですね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。