\ フォローしてね /

もう間違えない!ご祝儀袋の書き方

「結婚おめでとう!」という気持ちをきちんと表現するためにも、ご祝儀袋の書き方をしっかり押さえておきたいですよね。

ここでは、間違えやすいご祝儀袋の書き方についてご紹介いたします。

用意するもの

  • ご祝儀袋
  • 中袋
  • 毛筆、筆ペン、マジックから、お好きな筆記用具
ご祝儀袋の水引は金銀もしくは紅白の「結び切り」のものを選びます。結び切りは「二度と繰り返さないように」という意味があるので、婚礼向きです。
ボールペンや万年筆はNGです。

ご祝儀袋の書き方

STEP1:中袋の表に金額を書く

金額は中袋の表面、中央に書きます。旧漢字を用いて「金◯◯円」と書いていきます。

  • 一→壱
  • 二→弐
  • 三→参
  • 五→伍
  • 万→萬
金額の下に「也」を入れても良いです。(例:「金参萬円也」)

STEP2:中袋の裏に住所と氏名を書く

中袋の裏面左下に、自分の住所と氏名を書きます。

STEP3:ご祝儀袋に上書きを書く

ご祝儀袋の表面上段中央に上書きを書きます。

上書きの例:「御祝」、「寿」、「壽」、「御結婚御祝」など
NG:四文字は言葉は使いません。「御結婚祝」「結婚御祝」などは避けます。

また、ご祝儀袋についてくる短冊を使うのも便利です。

STEP3:ご祝儀袋に氏名を書く

ご祝儀袋の表面下段に送り主の名前を書きます。文字の大きさは、上書きと同じくらいか、やや小さめに書きます。

短冊を使う時は、短冊の下半分に名前を書き、水引とご祝儀袋の間に挟み、上の部分をシールで留めます。

ご祝儀の名前の書き方4パターン

ご祝儀の名前の書き方は、送り主の人数などによって変わります。

1名の場合

下段中央に書きます。

2人連名の場合

目上の人が右側に、目下の人が左側に来るように書きます。文字の大きさは同じにします。

3人連名の場合

右側が上位者の名前で、左に向かって下位者となります。

地位や年齢に差がなければ、あいうえお順に書きましょう。

宛名を書く場合

宛名を書く場合は左上に書きます。このとき、送り主の名前は左側が上位者となります。

筆者がご祝儀袋を書く時に気をつけたマナー

中袋の裏には住所と氏名を書きますが、筆者は必ず郵便番号も書くようにしています。

ご祝儀を受け取った側は、ご祝儀袋を見てお礼状や住所録を作成することがあります。その際、郵便番号がないと、調べるのにひと手間かかってしまいますよね。

そこで、そのような手間をかけさせないためにも、郵便番号まで必ず書いています。

おわりに

間違えやすいご祝儀袋の書き方について説明しました。

冠婚葬祭こそ失礼のないように振舞いたいですよね。この記事が皆様のお役に立てることをお祈りしております。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。