1. 料理
    2. 淡白な魚もより美味しくなる!付け焼きの方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    淡白な魚もより美味しくなる!付け焼きの方法

    調味料の香ばしく焼けるにおいは食欲をそそりますね。焼いてからソースをかけるのとはまた違った美味しさが楽しめる、付け焼きという調理法を是非覚えておきたいですね。

    今回は淡泊な魚を美味しくする付け焼きを作ってみましょう。

    付け焼きとは

    材料をしょう油などの調味料に漬け込んでから焼くことです。また肉や魚を白焼きにした後に、調味料を混ぜたたれを何回かに分けて付けながら焼くことです。

    材料(2人分)

    • さわら:2切れ
    • しょう油:大さじ2
    • みりん:大さじ2
    • 酒:大さじ1
    • その他準備するもの:ボール(またはバット)・食品ラップ・キッチンペーパー

    作り方

    STEP1:つけ汁を作る

    ボールにしょう油、みりん、酒を混ぜてつけ汁を作ります。

    浸ける材料によって調味料はお好みで合わせて下さい。サバなどの青魚にはしょうがを入れると臭み消しにもなります。

    STEP2:さわらの水分を取る

    さわらの余分な水分をキッチンペーパーで取ります。

    STEP3:つけ汁に浸ける

    さわらをつけ汁に浸けます。全部浸からない場合は2~3回上からスプーンでつけ汁をかけておきます。

    STEP4:冷蔵庫で寝かせる

    ラップをして冷蔵庫で4~5時間寝かせます。身の方がきれいな飴色になれば味はしみ込んでいます。

    魚の種類や厚みによって時間は加減して下さい。

    STEP5:キッチンペーパーで余分なつけ汁を取る

    焼く前に余分なつけ汁をキッチンペーパーで取ります。

    STEP6:魚焼グリルで焼く

    身の方を上にしてグリルの弱火で7~8分じっくり焼きます。

    焦げやすいので様子を見ながら火加減して下さい。

    表面にこんがり焦げ目がつき、身が締まったら裏返します。皮の方は少し火を強めて中火くらいで2分程焼きます。

    身をじっくり焼くことで火が9分通り行き渡ってるので、後は焦げ目がつくように最後の焼きあげをします。

    完成

    これで付け焼きの出来上がりです。

    さいごに

    淡泊な味の白身の魚や殻付きのエビ、固まり肉などを付け焼きすると味がしみこんで美味しいですよ。冷めても美味しいので、お節料理やお弁当のおかずにもお薦めです。是非お試しください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人