\ フォローしてね /

見せる収納と隠す収納のダブルで解決!子どものおもちゃの収納方法

筆者はプラスティック系のおもちゃが苦手です。お部屋の中に色があふれるのも嫌いです。しかし、子どもはカラフル&リアルなおもちゃが大好きです。それをリビングに置いて、すぐ遊べる状況にしておきたいらしいのです。

そこで、お互いが納得するためにはどうすればいいか考えました。

思いついた答えは、インテリアに統一感をもたせるおもちゃ収納にすればいいんだということでした。隠す収納と見せる収納の上手に使い分けて、お部屋のインテリアに統一感をもたせています。

このポイントについて、ご紹介します。

自宅のおもちゃが統一感のある収納をしにくい理由

子どものおもちゃは赤、青、黄色と、とにかくカラフル。また、プラスティック等、人工的な素材のものが多いです。さらに、細かい部品も多く、散らかりやすいです。

それらの問題を解決する方法です。

収納の方法

隠す収納

おもちゃ別に収納して、蓋をしたり、カーテンをつけたりして外からは見えないようにします。

例えばドール関係を一式、キャビネットに仕舞います。扉を閉めていれば、普通のキャビネットです。

扉の中は、キャビネット自体をドールハウスに見立て収納します。

また、りんご箱に色を塗り、飾り棚に使っているのですが、ごちゃごちゃしているところには、カーテンを付けています。

子どもが触る場所です、転倒防止などの安全対策は万全にしましょう。

木製のおもちゃを選んで見せる収納!

親がおもちゃを選んで買い与えるうちは、木製かつ天然素材のものを探しました。木製なら傷も思い出に変わるし、温かみがあって見せてもおしゃれです。

収納のポイント

籐のかご、木箱など、色をナチュラル系にまとめた箱に収納するのがポイント。また、おもちゃは出来るだけ木製のものにして、見せる収納にしましょう。

外からはおもちゃが見えないようにするのも大事です。お部屋の収納場所のカーテンを作り、色を統一しています。

子どもには何がどこにあるかわかるように、おもちゃ別に収納するようにしましょう。ごちゃごちゃに収納してしまっては、おもちゃを探すときに余計散らかってしまいます。

おわりに

みんなで住んでいるお家ですから、1人の意見を押し付けないように大人も子どももノンストレスで、それぞれが居心地いいお家になるように心がけたいものですね。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。