1. 料理
    2. 丁寧な下処理が大切!いかを冷凍保存する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    丁寧な下処理が大切!いかを冷凍保存する方法

    量がたくさんあって使い切れない場合に冷凍保存するのは便利ですが、いかのような生ものはしっかり下処理をしてからでなければなりません。今回は、その手順を分かりやすくご紹介したいと思います。

    用意するもの

    • まな板
    • 包丁
    • キッチンペーパー
    • ジップロック
    • いか

    具体的な手順

    STEP1:胴体と足の部分を分ける

    まな板にいかを置き、胴体の中に指を入れて、足の部分を引き抜きます。腐りやすいワタや内臓の部分は、取り除きます。

    STEP2:胴体の骨を取り除く

    胴体の内側には骨がありますので、それを引っ張って取り除きます。

    STEP3:胴体をよく洗う

    胴体の内側は墨袋の墨で黒くなっていると思うので、きれいになるまでよく水洗いします。

    STEP4:胴体の皮をはぐ

    見た目の白さと柔らかい食感を重視する場合は、胴体の皮をはいでおきます。

    STEP5:足の部分の処理をする

    いかの目のぎりぎりのところに包丁を入れて、内臓部分を切り落とします。足の付け根の内側にあるくちばしも取り除き、よく洗っておきます。

    STEP6:お好みの大きさに切る

    解凍したときに使いやすいように、胴体と足をお好みの大きさに切っておきます。

    STEP7:水気を取る

    キッチンペーパーで水気をよく拭き取っておきます。

    STEP8:ジップロックに入れて冷凍庫へ

    ジップロックなどの密閉袋にいかを入れ、冷凍庫にしまえば完了です。

    こだわりポイント

    冷凍もののいかは買わない

    最初から冷凍もののいかを買えば下処理せず保存できて便利ですが、添加物が使われていたりして身体にあまり良さそうではありません。ですので、必ず自分で新鮮ないかを買って下処理するようにしています。

    注意点

    生のまま冷凍保存する

    時々湯通ししてからいかを冷凍保存するという声を聞きますが、解凍して再加熱すると身が硬くなってしまうので生のままがオススメです。その際、繰り返しになりますが、ワタや内臓の部分はきれいに取り除くように注意しましょう。

    おわりに

    大きいいかの場合は、吸盤に硬い部分があったりしますので、そこは包丁の背でこそげ落とすようにして下さいね。このハウツーが、冷凍保存する際に皆さんのお役に立てば嬉しいです。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人