\ フォローしてね /

リボン柄でさりげなく!タオルへのかわいい刺繍の仕方

著者は小学校の家庭科の授業で刺繍を覚えてから30年以上、趣味で刺繍を楽しんでいます。

今回紹介する刺繍はオーソドックスなチェーンステッチのリボン柄です。日常的に使用するタオルはさり気ない刺繍の方がほっとするような気がします。

使用する道具・材料

  • タオル:クリーム色・無地
  • 刺繍糸:赤
  • チャコペンシルor蛍光ペン
  • 刺繍針
  • はさみ

やり方

準備

1mに切った刺繍糸を6本取りで針に通しておきます。

一般の刺繍糸は6本で1束になっているのでそのままの状態で使えます。

STEP1:図案の下描きをする

タオルにチャコペンシルor蛍光ペンで図案を下描きします。

STEP2:玉結びをする

刺繍糸の片方の端を玉結びしておきます。

STEP3:縫い始め

タオルの裏から針を刺し、表にもってきます。

STEP4:チェーンステッチをする

糸の出口付近に針を刺し、3mm先から表に出します。

糸を針の下に回します。

針を引き抜き、静かに糸を引っ張るとチェーンがひとつ出来ます。

同じ要領で糸の出口に針を刺し3mm先から表に出します。

糸を引っ張るとふたつ目のチェーンが出来ます。

図案に沿ってチェーンステッチで縫いすすめます。

最初から最後まで一筆描き出来ます。

STEP5:縫い終わり

縫いおわりはチェーンの外に針を刺し、針を裏側に持っていきます。

STEP6:玉留めをする

針に糸を3巻きし、そのまま針を先端方向に引っ張リます。

玉留めが出来ました。

玉結びから1cmくらいの所で糸を切ります。

STEP7:完成

完成です。

実践する際のポイント

チェーンステッチはチェーンのふっくらとした風合いが魅力です。糸を引っ張り過ぎずふんわり丸いチェーンを作っていくよう意識すれば可愛く仕上がりますよ。

おわりに

シンプルな無地のタオルもワンポイントの刺繍で世界に一つだけのオリジナルタオルに変わりますよ。

毎日使う色んな小物にちょっとした工夫を加えると生活が潤ってきますよね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。