\ フォローしてね /

芳香剤として生まれ変わる!保冷剤の再利用方法

このライフレシピのもくじたたむ

アイスなどを購入すると保冷剤がついてきませんか?いつも捨てていましたが、筆者は最近再利用をするようになりました。

そこでこの記事では、保冷剤の再利用方法をご紹介します。

保冷剤の再利用方法

使い方1:氷枕として使用

氷枕として使用します。保冷剤をタオルで包み、寝る前に、枕の上に置くと氷枕になります。直接保冷剤を頭に載せるのでは冷たすぎて痛いですが、タオルに包むと痛すぎ、涼しく夏の夜を過ごすことができます。

実践しようと思ったのは暑くて寝れず、保冷剤を出し、頭につけたら痛く、そばにあったタオルに包んだら涼しかったのでそれ以来実践をしています。頭を冷たくしてくれているので、体がひんやりした気持ちになります。

手の平サイズの保冷剤なら頭の下に置いても痛くありません。
氷枕ではなく、タオルに巻きつけ日中は首に巻いても涼しく過ごせます。

使い方2:芳香剤にする

芳香剤にします。コップを用意し、その中に保冷剤の中身(ゼリー状のもの)を入れて、アロマオイルを入れると香りが良く、香りが長期的に持続します。

実践しようと思った理由は、保冷剤をくれるケーキ屋さんのトイレに保冷剤を使用した芳香剤を置いていたので使用方法を教えてもらいました。

芳香剤を買わないで済むので節約にもなります。筆者は4滴ほどアロマオイルを入れています。
アロマオイルがない時は香水を使用しています。

使い方3:キッチンの消臭剤

キッチンの消臭剤としても利用することがあります。使用方法はキッチンの三角コーナーに保冷剤の少量でいいのですが中身を撒いておくことです。

この方法をしようと思ったのは実家の母からの情報です。保冷剤の中身を出して三角コーナーに撒いたところ「嫌なニオイもなくなり、ハエもやってこなくなった」と言っていたので同じ方法をしています。

筆者はいつもご飯が終わり、食器を洗って三角コーナーを掃除した後に撒いています。

おわりに

保冷剤は食品にしか役立たないと思っていたら大間違いです。

他の方法でも色々と役立つので保冷剤を有効活用してみてはいかがでしょうか?

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。