\ フォローしてね /

超簡単!玩具「コロコロ」を作って猫と遊ぶ方法

この時期には毛が抜け替わり、櫛でとかすとモコモコと抜け毛が取れます。そんな抜け毛で猫が喜ぶ玩具を作り一緒に遊んでやっています。そんな玩具の作り方と遊び方を紹介します。

著者の飼い猫の猫種・普段の性格や行動パターン

ヒマラヤンと日本猫のハーフで赤目の6歳です。頂いて来た時は全身真っ白なホワイト猫でしたが、日に日にシャムの模様に変化してきました。

性格は、おとなしいけど遊びが大好きで著者が座っていると遊んで欲しく、爪で服を何度も引っ張り、せがみます。両手を伸ばして寝たり、お腹を上に仰向けで寝転ぶ事が好きです。

抜け毛で作るコロコロの材料

準備するもの

  • 7cm〜8cmのカーゼ1枚
  • 25cmの程の木綿糸を通した針
  • くし団子1つ程に固く丸めた猫の抜け毛

コロコロの作り方

STEP1:丸めた抜け毛をガーゼにのせる

コロコロを作る時に、抜け毛に粉末のまたたびを少しまぶしてからガーゼに詰めるのもいいと思います。

STEP2:次に抜け毛をガーゼで固く包む

STEP3:糸を通した針で開かない様に開きそうな所を縫う

STEP4:最後に手でコロコロ丸めて形を整える

転がした時にコロコロがスムーズに転がる様に角張らせないように作って下さい。

コロコロで運動不足を解消

STEP1:コロコロを転がす

遊び方コロコロをする前に、まず猫に玉の臭いを嗅がせてやりす。その玉を床の上でつけて左右に2〜3回振ったら、素早く転がしてやります。そうすると猫が追いかけて飛んで行きます。

STEP2:転がし方をアレンジする

飽きさせない工夫として、毎回コロコロ転がすだけではなく、床に近い低い位置の壁に当ててフェイントをかけてあげたり、バウンドさせたりと工夫をして猫が飽きない様にしてあげると喜びます。

このコロコロを考えつく前は新聞紙で作っていましたが、直ぐに形が崩れてしまって遊ばなくなり飽きてしまいます。今回のコロコロは、猫自身の抜け毛から作った物なのでとても安心して良く遊びます。

猫と遊ぶマナー

猫と遊んでいるうちに玉を追いかける姿の可愛さや面白さから、飼い主が夢中になってしまい何度も何度も繰り返したくなりますが、玉を目の前にだらんと休む様になったら止めましょう。

猫は動く物を反射的に追いかけてしまう性質があり、疲れていても繰り返してしまい身体にも負担が来ますし、飽きてしまいます。

おわりに

コロコロは遊んでいるうちに家具等の隙間に入ったり見当たらなくなる事がありますので、箱か袋に抜け毛をためておき、いくつか作り置きをしてあげるといいと思います。

著者の猫の場合は、コロコロを転がすと口にくわえて玉を著者の所まで持って来るようになりました。再度投げてやるとまた犬の様に何度も繰り返し持って来て「ねぇ、早く投げてー」と目をギラギラさせます。

時には、著者に向かって手でコロコロ転がしながらサッカーの様に転がしてきます。その姿は何ともいえない可愛さです。皆さんもこの記事を参考にして、猫と遊んで頂ければ、幸いです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。