\ フォローしてね /

なぜ発生したの?今すぐできるノミ対策のススメ

ペットなどを飼っているとノミの被害に遭ってしまうことがあります。

ここでは、ノミの予防策と発生した場合の駆除方法についてご紹介します。

本記事は、アース製薬のご協力により、2013年に執筆されたものです。

ノミの発生原因

ノミは、飼い猫飼い犬によって家の中に持ち込まれます。

また、物置や車庫、床下に侵入した野良猫で繁殖したノミが家の中に侵入し被害を及ぼすなど、野良犬や野良猫によっても持ち込まれるケースがあります。

ノミの予防と駆除方法

ノミはダニと違って目に見えるため、発見したら繁殖する前にしっかり駆除してください。

室内の対策

カーペット、ソファ、ベッド、ふとん、衣類、板の間の継ぎ目、畳、ペットの寝床、家具の下、部屋の隅などに潜んでいます。

特に幼虫は暗い場所を好み下に向かう習性があるので、畳の合わせ目・くぼみ、カーペットの毛足の奥、ソファーの下などを入念に掃除しましょう。卵や幼虫を吸い取ることで、繁殖が防止できます。

ペットが毎日寝転んでいるところには、ノミの卵や幼虫が多く発生している可能性があるので、そのような場所は特に注意する必要があるでしょう。

発生してしまったら殺虫剤を使って退治しましょう。その後は、念入りに掃除をしましょう。

屋外の対策

ベランダ、犬小屋の周り、車庫、物置等を定期的に掃除し、散水で繁殖を防止します。庭の雑草を刈る、いらないものを放置しておかないなどきれいに保つことが肝心です。

また、野良猫が敷地内をうろつかないように対策をしましょう。

ペットへの対策

ノミはペットが発する熱や二酸化炭素を感知して寄ってきます。ノミ取りシャンプー・ノミ取り首輪で清潔に保つようにしましょう。ブラッシングも有効です。

ペットのノミがひどいときは獣医に相談してください。

おわりに

ペットがいない方も油断せずに、対策をするといいでしょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。