\ フォローしてね /

殺虫剤の利用も計画的に!季節別ゴキブリの退治方法

一般家庭にいるクロゴキブリは、ほぼ1年かけて成虫になります。季節ごと生態に合わせた定期的対策がおすすめです。

ここでは、いつ、どんな対策をすればいいのかご紹介します。

本記事は、アース製薬のご協力により、2013年に執筆されたものです。

ゴキブリの生態と繁殖時期

ゴキブリは、暖かい場所を好み、気候が穏やかになる3〜4月から増え始め、6月から8月にかけて最盛期となります。

家庭でよく見られるクロゴキブリは、5~10月に産卵期を迎えます。卵は「卵鞘(らんしょう)」と呼ばれる鞘の中に生み出されるので、薬剤にも強く、越冬することができます。

夏の気温の高い時期には数日おきに産卵し、1匹のメスが生涯に産卵するのは15~20回、1つの卵鞘には22~28個の卵が生み出されるそうです。

また、成虫の寿命は6~7ヵ月です。

ゴキブリ対策のスケジュール

3月~5月

ゴキブリが活動を始めるこの時期から駆除をはじめることで、ひと夏の発生を大幅に減らすことができます。

まず、くん煙剤で隠れたゴキブリを追い出して殺虫します。卵鞘で守られていた卵が孵化する2~3週間後に再度使用すると効果的です。

くん煙剤の使用後に、毒餌剤捕獲器を設置しておくと、動きが鈍くなっているので効果が高まります。

7月~8月

夏はゴキブリの最盛期です。

何より、部屋を清潔にしておくことが大切です。外からも侵入してくるので徹底的に退治をしましょう。

ゴキブリが潜んでいそうな所には毒餌捕獲器を置き、捕獲器に多くつかまるようなら、くん煙剤を使用するのがおすすめです。この場合も、2~3週間後に再度処理すると効果的でしょう。

9月~11月

秋~冬に対策することで、春以降の発生を大幅に減らすことができます。

家の中で越冬しようとするゴキブリを、まずはくん煙剤で駆除しましょう。冬のゴキブリは活動が鈍く、暖かい場所に固まって生息しているので毒餌も効果的です。

まとめ

定期的な駆除でゴキブリに対抗し、清潔な住居を保ちましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。