\ フォローしてね /

意外と簡単!24面体の折り方

多面体にはたくさんの種類があり、折り方によってはとても複雑で難解なものもあります。しかし完成した時の美しさや充実感は、他のおりがみと比べものになりません。今回は、筆者が知る中で一番シンプルな折り方の多面体をご紹介します。

今回の多面体は、筆者が小学生の頃にクラスでとても流行っていたものです。

用意する材料・道具類

  • おりがみ(15センチ四方の一般的なもの):12枚

パーツの折り方

STEP1

おりがみを半分に折り、さらにもう半分に折ります。

STEP2

一旦おりがみを広げ、折り目に合わせて上下のカドを三角に折ります。

この時折るのは上下の片側だけです。また折った三角が写真のように対角線になるよう折ります。

STEP3

下側の端を折り目に沿って上に折り上げます。

STEP4

STEP2で三角に折っていない方のカドを、上の折り目に沿って三角形に折り上げます。

STEP5

上の端を折り目に沿って写真のように折り下げます。

STEP6

三角に折っていない方のカドを、下の端に合わせるように三角に折り、折りすじをつけます。

STEP7

STEP6で折った三角の部分を、下の折り目の中に入れ込みます。

STEP8

裏返し、両側の三角形のカドを反対側のカドに合わせるよう三角に折ります。

STEP9

パーツの完成です。このパーツを12個作ります。

パーツの形は全て同じ向きになるように作って下さい。STEP2の三角を折る位置を同じにすることで、同じ形のパーツを作ることができます。

24面体の組み方

STEP1

パーツの袋になっている部分に、別のパーツの足(三角にとがっている部分)を入れて、図のように4枚をつなげます。最後に4枚目の足を一枚目の空いている袋に入れ、丸い形にします。

STEP2

4枚のパーツの空いている袋に、新たに4枚のパーツの足を入れていきます(白い矢印)。次に追加したパーツととなり合ったパーツの足を追加したパーツの袋に入れます(黒い矢印)。

写真ではわかりやすいように平面にしていますが、きちんと足を袋に入れると、立体的な球体になります。

球体を裏から見た状態です。

STEP3

STEP2で追加したパーツの空いている袋に、残った4枚のパーツの足を入れていきます。

STEP4

STEP3で追加した4枚のパーツの残っている足と、一段下にあるパーツの足(白丸で囲んだところに写っているもの)を、となり合うパーツの袋に入れ込めば、24面体の完成です。

上手に折るコツ

パーツを折るとき、足の折り線をしっかり折ることで、パーツ同士がしっかりとまとまり、より美しい多面体になります。

おわりに

今回は見た目よりは比較的簡単に作れる24面体の折り方を紹介しました。おりがみの大きさや色などを自分好みに変えて、ぜひみなさんも楽しんで下さい。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。