\ フォローしてね /

みぞれ鍋のシメにどうぞ!金平牛蒡入りみぞれ餅の作り方

鍋料理の後は、雑炊をしたり、麺を入れたり、色々なシメの楽しみ方がありますよね。筆者は、ことみぞれ鍋に関しては、お餅でしめるのが大好きです。

今回は、トロトロの食感が美味しい金平牛蒡入りみぞれ餅の作り方をご紹介したいと思います。

用意するもの(3人分)

  • みぞれ鍋の残り汁:200ml
  • 大根の茎:30g
  • 切り餅:3個
  • 金平牛蒡:70g(市販品でOK)
  • すりごま:適量

作り方(調理時間の目安:約15分)

STEP1:大根の茎を切る

大根の茎の根元の部分を落とし、軽く洗ってから小口切りにします。

STEP2:切り餅と茎を鍋に入れる

鍋を中火にかけ、その中に切り餅と小口切りした大根の茎を入れます。

STEP3:煮込む

鍋底に切り餅がくっついて焦げないように箸でかき混ぜながら、餅がトロトロになるまでしっかり煮込みます。

STEP4:金平牛蒡を入れる

餅がトロトロになったら、金平牛蒡も加えて軽く混ぜてから火を止めます。

STEP5:完成!

器に盛りつければ完成です。お好みですりごまを少しふりかけて、お召し上がり下さい。

おわりに

みぞれ鍋をする際に、大根の茎が残ってしまうと思うので、それも有効活用してみました。金平牛蒡の甘みがみぞれ餅と相性が良く、餅が残り汁の旨みを吸うので余すことなく堪能できておススメです!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。