\ フォローしてね /

酸味と辛みがそそる!「ポークビンダルー」の作り方

酸味と辛みがおいしいスペアリブを使ったインド料理「ポークビンダルー」を作ってみました。

材料(2〜3人分)

  • スペアリブ:500g
  • 玉ねぎ:1/2個
  • 塩:小さじ1/2
  • ワインビネガー:大さじ1
  • 酢:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1/3
  • コリアンダー:小さじ1
  • ショウガ:1かけ
  • ニンニク:1かけ
  • サラダ油:大さじ3
  • 水:120cc
  • クミンシード:小さじ1
  • 鷹の爪:5本
  • ブラックペッパー:小さじ1/2
  • カルダモン:5個
  • フェネグリーク:小さじ1/3
  • マスタードシード:小さじ1

作り方(調理時間:120分)

STEP1:準備

玉ねぎ、ニンニク、ショウガをみじん切りにします。

カルダモンは殻から種を出します。

STEP2:油に香りを付ける

フライパンにクミンシード、鷹の爪、ブラックペッパー、カルダモンの種、フェネグリーク、マスタードシード、サラダ油大さじ2を入れて火を点けます。

火力は中火でスパイス類からシュワシュワと泡が立ってくるまで加熱します。

STEP3:玉ねぎを炒める

スパイス類から泡が立ってきたら玉ねぎを入れます。

火力は変えず中火のままで焦げないようにフライパンを回したりかき混ぜたりしながら10分間炒めます。

10分間炒めたら火を止めて5分ほど置いておき粗熱を取ります。

STEP4:ミキサーでペーストにする

粗熱が取れたらミキサーに入れます。

ワインビネガーと酢、砂糖を入れてミキサーを回します。

この時、水分が足らず攪拌できないようなら水を50cc〜100ccぐらい追加してください。

全体がペースト状になったらOKです。

STEP5:スペアリブに焼き色を付ける

フライパンにサラダ油大さじ1入れて火を点け、火力を中火よりも少し強くします。フライパンが熱くなったらスペアリブを入れます。

スペアリブのすべての面に焼き色を付けます。

焼き色が付いたら取り出しておきます。

STEP6:ニンニク、ショウガ、ペーストを入れる

スペアリブを焼いたフライパンをさっとキッチンペーパーで拭き(軽く油が残る程度に)、ニンニク、ショウガを入れて火を点けます。火力は中火です。

フライパンが熱くなったらSTEP4で作ったスパイスのペーストを入れます。

火力を中火よりも少し弱くして5分間焦げないように木べらなどで混ぜながら焼きます。

STEP7:コリアンダーを入れる

コリアンダーを入れてざっと混ぜます。

STEP8:スペアリブと水を入れる

スペアリブと水を入れ火力を強火にします。

STEP9:炊く

沸騰したら火力を弱火にし、アルミ箔などで落としぶたをして30分煮込みます。

30分経ったら落としぶた取ります。落としぶたはまだ使いますので捨てません。

スペアリブの上下をひっくり返します。スパイスのペースト(タレ)をスプーンなどでスペアリブの上にかけ、再度落としぶたをして30分煮込みます。

その後、もう一度スペアリブをひっくり返し、スパイスのペーストをスペアリブの上にかけ、落としぶたをして30分煮込みます(煮込む時間は合計で1時間半です)。

STEP10:完成!

器に盛ったら完成です。スペアリブは箸で崩せるほど柔らかくなっているはずです。行程はめんどうですが、スパイシーでおいしい料理です。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。