\ フォローしてね /

浴衣だって自宅で洗おう!気軽にお洗濯する方法

和装の中で、一番手軽なのが浴衣です。お手入れも着方も簡単ですから、気負わずファッションとして気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

しかし、浴衣の洗濯方法だったり、お手入れ方法がわからなくてどうもとっつきづらいと思っている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、浴衣のお洗濯方法をご紹介します。浴衣の洗い方をマスターして夏場は涼しげに過ごしてみてくださいね。

用意するもの

  • おしゃれ着用中性洗剤
  • 歯ブラシ(部分洗い用)
  • 酸素系漂白剤(ひどい汚れ・黄ばみがある場合のみ)
  • 洗濯ネット(大きめ・目が詰まったもの)

浴衣のお洗濯のやり方

STEP1:部分洗いをする

中性洗剤を歯ブラシにつけ、襟、袖口など汚れが気になる箇所を歯ブラシでトントン叩き洗いをします。地色が白の場合は、酸素系漂白剤を使っても大丈夫です。紺や黒などの濃い地色だと必ず色落ちしますので、避けてください。

ゴシゴシすると生地が傷むので、やさしく叩いて扱ってください。汚れが目立たない場合は、必要ありません。

STEP2:洗濯ネットに入れる

丁寧に畳んで、ネットへ入れます。ゆったり大きめのネットを使いましょう。

ぐしゃぐしゃに入れてもお洗濯はできますが、アイロンがけが面倒になります。

STEP3:「ドライ」コースでお洗濯

中性洗剤を投入口に入れ、「ドライ」コースもしくは「おしゃれ着・ウール」コースなどで「やさしく」お洗濯します。

パリッと張りが欲しい方は、洗濯のり(キーピングなど)を使うといいでしょう。
シーズンオフは、糊付けしないで下さい。黄ばみの原因になります。

STEP4:干す

洗濯ネットから取り出し畳んだ状態のままバンバンと叩きます。こうしてしわをのばしてから干すと、仕上がりがきれいになります。

日差しが強いと色落ちしますので、必ず裏返して陰干ししてください。浴衣は綿や綿麻が多く、乾きが早いので、夜に干してもいいでしょう。着物ハンガー・竿に袖を通し広げて干すとよいのですが、なければハンガーでもかまいません。

STEP5:アイロンをかける

当て布をしてアイロンをかけます。着物はほぼ直線なので、意外と簡単な作業です。スチームアイロンでしわをのばすよりも、少し湿気がある生乾きの方がきれいに仕上がります。

シーズンオフは、しっかり乾燥させて丁寧に畳みます。そうするとアイロンいらずで、来年にはきれいにプレスされています。

注意すること

浴衣の生地は染色後、冷たいお水にさらされます。お湯を使うと染料が滲んでしまうこともあるようなので、必ずお水で洗いましょう。

また、濡れたまま放置しておくと色移りします。お洗濯が終了したら速やかに干してましょう。

地色が濃い浴衣なら一枚ずつ洗濯ネットに入れまとめて洗えますが、白や薄い地色の浴衣は色移りを避けるため一枚ずつ単独でお洗濯しましょう。

おわりに

何よりも、汚れたまま放置することが一番の汚れの原因です。洋服も同じですが、汚れたらすぐお洗濯です!

筆者は、麻の夏着物などを上の手順で洗っています。今のところ失敗していませんが、高価な絹の夏着物などは、洗い屋さんに相談してください。ネットで検索するとすぐに見つかります。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。