1. 料理
    2. 時には手作りで!鶏がらを使った西洋だしのとりかた

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    時には手作りで!鶏がらを使った西洋だしのとりかた

    著者は、洋風だしは市販のものを使って簡単に済ませることが多いのですが、鶏がらが安く売っている時は自分でとったりもします。

    今回は、鶏がらを使った西洋だしのとりかたをご紹介したいと思います。

    用意するもの(500ml分)

    • 鶏がら:300g
    • 玉ねぎ:1/2個
    • にんじん:1/4本
    • セロリ:1/4本
    • ローリエ:1枚
    • 水:4.5カップ
    煮込むことにより、4.5カップ(1000ml)ある水分が半分になります。

    具体的な西洋だしの取り方(所要時間:約1時間15分)

    STEP1:鶏がらに熱湯をかける

    鶏がらに熱湯をかけて、臭みやぬめりをとります。

    STEP2:流水できれいにする

    次に流水にさらしながら、内臓や血液などを手できれいに取り除きます。

    STEP3:野菜を切る

    玉ねぎとにんじんの皮をむき、半分にカットします。セロリも、大きめにざく切りにしておきます。

    STEP4:鍋に具材を入れる

    鍋に、鶏がらをはじめとする全ての具材と水を入れ、強火にかけます。

    STEP5:アクを取る

    沸騰したら表面のアクがなくなるまで、きれいにすくい取ります。

    STEP6:弱火で煮込む

    アクが取れたら弱火にし、そのままふたをせずに約1時間じっくり煮込みます。

    STEP7:スープを漉す

    1時間経ったら火を止めて、ざるに流し入れ、スープを漉します。

    STEP8:完成!

    以上で完成です。あとは、スープや煮込み料理などに適宜お使い下さい。

    「出汁ガラ」の使い道について

    玉ねぎ、にんじん、セロリはミキサーにかけて、野菜ジュースの一部に使用しています。鶏がらは、骨のまわりに肉がついているのでそれをそぎ落とし、スープに入れたり、チャーハンの具に使ったりしています。

    ただし、鶏の骨は鋭利ですので、そぎ落とす際は注意が必要です。

    おわりに

    使い切れないときは、よく冷ましてから、氷を作る器に流し入れて冷凍保存すると便利ですよ!

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人