1. 料理
    2. 色んな具材でできる!野菜を例にしたかき揚げのやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    色んな具材でできる!野菜を例にしたかき揚げのやり方

    かき揚げとは、野菜や魚介類などを水でといた小麦粉の衣でまとめて揚げた天ぷらの一種で、現在その具材の組み合わせは種々様々です。

    今回は、野菜を例にして、かき揚げの作り方をご紹介したいと思います。

    用意するもの(3人分)

    • さつまいも:中1本
    • にんじん:1本
    • 黄パプリカ:1個
    • 小麦粉:1.5カップ
    • 冷水:120ml
    • 塩:ひとつまみ
    • ミックスビーンズ:1/2カップ
    • 揚げ油:かき揚げが浸る量
    • レモン:適量

    具体的なかき揚げの手順(所要時間:約30分)

    STEP1:具材の下ごしらえをする

    野菜をよく洗い、サツマイモは皮つきのまま1cm角のダイス状にして水にさらし、にんじんと黄パプリカは細切りにします。

    STEP2:サツマイモをレンジにかける

    サツマイモの水気をよく切ってから、耐熱容器に入れ、フタをして600Wのレンジで約2分加熱します。

    こうすることで、揚げる作業の時短ができ、サツマイモの甘味も増します。

    STEP3:衣をつくる

    ボウルに小麦粉、冷水、塩を入れて、菜箸でよく混ぜ合わせて衣を作ります。

    STEP4:具材と衣をまぜる

    そのボウルに、サツマイモ、にんじん、黄パプリカ、ミックスビーンズを加え、菜箸でさっくりと混ぜ合わせます。

    STEP5:揚げる

    鍋に揚げ油を入れて170度に熱し、お玉1杯分の具材を投入します。

    STEP6:油を切る

    両面ともカリッときつね色に揚がったら、キッチンペーパーを敷いたバットに移して油を切ります。

    STEP7:完成!

    あとは、器に盛り付ければ完成です。塩(分量外)とレモンをお好みでふりかけてお召し上がり下さい。

    自分なりのコツや注意点

    衣の水分量に気を付ける

    カラッと揚げるためのコツは、衣の水分量にあります。水が多いとどうしてもベチャベチャになってしまい、揚げている最中にバラバラになりやすいです。ですので、上記の小麦粉・冷水・塩の配合を必ず守って作って下さい。

    それから、空気を含んでいる方がサックリと軽い感じに仕上がるので、衣と具材を合わせるとき、あまり混ぜすぎないように注意しましょう。

    おわりに

    かき揚げはこの他にも、玉ねぎやむきえびなどを入れてもとても美味しいので、色んな具材で試してみて下さいね。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人