\ フォローしてね /

丸洗いでスッキリ!シーリングライトの掃除方法

シーリングライトの中は、虫やほこりで汚れています。ここではシーリングライトの掃除の仕方を紹介します。

掃除の頻度、タイミング

夏に虫がたくさんシーリングライトに着きます。虫がいなくなるに年に一度掃除をすると良いです。

掃除に必要な道具

  • 脚立(なければ椅子)
  • 浴用スポンジ
  • ほこり取り
  • ティッシュペーパー

シーリングライトの掃除方法

STEP1:電気を消して、セードを外す

必ず電気を消してから作業してください。脚立を用意して、足場が安定しているか確認します。著者宅のセードは左に回すと外れました。

STEP2:虫をティッシュで取り除く

小さい虫の死骸がたくさんあるので、集めて捨てましょう。

STEP3:風呂場でシャワーをかけて、浴用スポンジで洗い流す

水洗いできれいになります。浴用スポンジで全体をきれいに洗います。

STEP4:タオルで拭いて乾かす

水気をしっかり拭いて、乾かします。

セードは柔らかいので、つぶれたり、傷つけないよう丁寧に扱います。

STEP5:乾かしている間に中を掃除する

静電気でほこりを吸着するタイプのほこり取りで、ほこりで丁寧にとっていきます。

STEP6:セードを取り付けて完了

矢印を合わせて、持ち上げ、「カチッ」と音がするまで右に回します。

必ず音がするまで回さないと、地震で落ちてきて危険です。

その他、シーリングライトの掃除で注意すること

今回掃除したシーリングライトは、リビングの物で虫とほこりの汚れだけでしたが、台所のライトは油汚れもついています。その時は食器用中性洗剤を直接つけて掃除をすると、油汚れが取れやすいです。

おわりに

セードを丸洗いすることで、部屋の明るさが違ってきます。年に一度は丸洗いしてスッキリしましょう。また、洗いやすいシーリングライトを選ぶのも大切です。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。