\ フォローしてね /

アク抜きが肝心!ズッキーニの下ごしらえの方法

油やチーズ、トマトなどさまざまな食材と相性がいいアメリカ野菜のズッキーニは、日本でも食卓に定着しつつあります。スーパーや八百屋さんでも夏によく見かけますね。そんなズッキーニ、下ごしらえせずそのまま調理していませんか?この方法でアク抜きをすれば、素揚げやラタトゥイユがさらにおいしくなりますよ。面倒な手間はなし、誰でも簡単にできちゃいます。ちなみにズッキーニは、ナスではなくかぼちゃの仲間、ウリ科のお野菜なのだそう。

はじめに

かぼちゃの仲間であるズッキーニは、手軽に買える夏野菜として人気です。油とも相性が良く、炒めものやスープやサラダにと色々便利に使える食材です。

そのまま調理しても大丈夫ですが、できればアクを抜いてからの方がより美味しくなります。今回は、著者が実践している「ズッキーニの簡単な下ごしらえの方法」を紹介します。

ズッキーニの下ごしらえの方法

今回は炒めものを作るための下ごしらえで実践します。実際に使うのは2/3本くらいの分量です。

STEP1:ズッキーニを輪切りにする

さっと水洗いした後、ヘタの部分を落として7・8mm幅の輪切りにします。

STEP2:塩水を作る

ズッキーニが並ぶくらいの大きさの深皿、またはバットに水をはり、塩をひとつまみ溶かします。

ここでは水120mlくらいに対して指3本で塩をつまむくらいの分量です。おそらく小さじ1/5くらいでしょう。

ズッキーニは輪切りにすると面積も広くなり、直接塩をふりかけるとかけすぎてしまいがちです。塩水にすると、均一に塩分がからむのでオススメです。

STEP3:ズッキーニを浸す

ズッキーニを広げて浸し10分ほどおきます。

STEP4:キッチンペーパーで拭き取る

塩水を捨て、キッチンペーパーでしっかり水分を拭き取れば下ごしらえの終了です。

アクは塩水に溶け込むので、水洗いしなくても大丈夫です。

さいごに

新鮮なズッキーニは切り口を見るとアクが出てくるのがわかりますね。ほんのひと手間の違いですが、出来上がりがとても美味しくなります。是非覚えておいてくださいね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。