1. 料理
    2. 砂を噛むのは嫌!アサリの下ごしらえの方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    砂を噛むのは嫌!アサリの下ごしらえの方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    気軽に料理できる貝と言えば、やはりアサリですね。殻付きのまま料理できるところも手軽で良いですね。

    ただ、食べた時にジャリと砂が当たった時の嫌な感触は避けたいもの。最近は砂出ししたものが売られていることも多いのですが、万全を期したいですよね。

    今回は筆者が行っている中粒のアサリを使った「アサリの下ごしらえの方法」を紹介します。

    準備するもの

    • アサリ
    • ボール
    • ザル
    • アサリの入っていたプラスチックトレイ
    • キッチンペーパー
    • 水:300ml
    • 塩:大さじ1弱

    手順

    STEP1:ボールに塩水を作る

    ボールに分量の水と塩をよく混ぜて塩水を作ります。

    アサリが重ならないように入れて、ひたひたに浸かるくらいが適量です。

    パックで購入したアサリの場合は、ちょうど良い大きさなのでトレイを使ってもOK。水の量はトレイに合わせて、その3%くらいの塩(海水くらい)を混ぜます。

    STEP2:塩水にアサリを浸ける

    さっと水洗いしたアサリをトレイに入れて、ボールの塩水を移します。このまま2、3時間置いておきます。

    暗い所で生息しているので、暗い状態にすることがポイントです。筆者はザルを蓋にしておきます。

    アサリは採れたところにより砂の量も違うので、必要な場合はもう少し長くして下さい。その場合も水の温度が高くなると弱るので、2時間くらいでまた新しいものと取り換えるほうが良いです。

    STEP3:貝殻をよく洗う

    アサリをザルに移して、流水で貝殻を両手でこするようにして表面の汚れまできれいに落とします。

    撮影の為片手しか写っていませんが、両手で洗って下さい。

    STEP4:水気を拭き取る

    キッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。あまりゆっくりしていると手の温度で弱るので、手早くやりましょう。

    これで下ごしらえは終了です!

    今回2時間浸けましたが、底の方に砂が少量落ちていました。家庭でアサリを料理する時は是非下ごしらえをやって下さいね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人