\ フォローしてね /

あだ名をつける!仕事で関わる取引先の方の顔と名前の覚え方

このライフレシピのもくじたたむ

6月もすぎれば新社会人の皆さんは研修等も終わり、これから本格的に仕事が始まる方も多いかと思います。入社してからやっと覚えた社内の人の名前、今度は会う頻度の少ない社外の人の名前を覚えていくのは大変ですよね。

そんな取引先の人の名前や顔がなかなか覚えられない方、必見です!

新しい出会いについていけずに頭を悩ませるより、これから紹介する方法で楽しく覚えていっちゃいましょう!

あだ名で名前や顔を覚える方法

例えば皆さんもTVを見ていて、有吉弘行さんが他の芸能人の方に付けたあだ名について「確かに!」「上手いなぁ」と思わされた経験があるかと思います。

それだけ共感を得られるのは、しっかりとその人の特徴や印象を捉えられているからですよね。

さらに、先輩芸能人に対しても一切容赦がない言葉を使ってあだ名を付けているので、視聴者達の印象にも残りやすいのだと思います。つまり、強い印象のものほど、記憶にも残りやすいものです!

自分でも面白くなっちゃうようなあだ名を付けて、その人の特徴を自分に印象づけていくと楽しく覚えられるかもしれません。

1:見た目からつける

  • 芸能人でいったら○○に似てる
  • 漫画のキャラクターの○○に似ている
  • 動物でいうと○○に似ている
  • ほくろの位置が誰々と同じ

など、まずは1つだけでも、誰かに似ている・特徴のある部分を見つけてみましょう。ものすごく似ていなくても大丈夫です。

しっくり当てはまるものがない場合は、「○○が太ったらこんな感じ」のようなイメージでもOKです。

自分の頭の中でのイメージなので少し大げさなくらいのほうが印象に残るかもしれません!

2:名前からつける

同じ名字、名前の芸能人などを思い浮かべてみてください。その人のイメージとも一致する人が思い浮かべば一番楽ですが、逆に完全にかけ離れている場合でも意外と印象に残ったりもします。

例えば、名字に「杉」と入っている女性の方に対して「スギちゃん」を思い浮かべたり、逆にすごく男らしい見た目の「小倉さん」という人に対して「ゆうこりん」を思い浮かべる、などです。

こんな感じで逆に全然違うイメージの有名人などを想像してみると面白くて意外に印象に残るかもしれません!

3:口癖、仕草、雰囲気などからつける

話していると、その人の口癖や仕草にも特徴があることに気づかれると思います。その人のモノマネを習得してやるんだ!という気持ちで観察して、見つけた特徴からアダ名を付けてみましょう。

応用:捉えた特徴とその人の役職などを結びつける

仮に「2.名前からつける」で例にした小倉さんが○○社の営業担当だとしたら、「○○社は小倉優子が営業をしている」などのようにイメージをしてみるといいでしょう。

想像して面白くなるようなものがいいと思いますよ!

おわりに

とにかくその人の特徴を自分に強く印象づけることで覚えやすくなります。そして、強く印象づけられる特徴を捉えるためには、たくさんの特徴を見つけられるよう、その人に興味を持つことが一番大事です!

ただ、目上の人や取引先相手に対しては失礼にあたる方法ですので、間違っても、その人のことをあだ名で呼んでしまわないように注意してください。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。