1. 暮らし
    2. 玉止め不要で簡単!しつけ縫いの上手なやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    玉止め不要で簡単!しつけ縫いの上手なやり方

    ミシンで本縫いする前に、ずれないように手縫いで仮止めを行うのがしつけです。著者は10年程裁縫をやってきましたが、この簡単なやり方でいつもしつけをやっています。

    ここでは初心者向けの簡単なしつけのやり方を説明します。

    用意するもの

    • 手縫い針
    • しつけをしたい布
    • 糸きりばさみ
    糸はしつけ用、手縫い用、ミシン糸なんでも良いです。

    しつけのやり方

    STEP1:糸を針の穴に通す

    糸を針穴に通し、しつけをしたい長さより長めに糸を準備します。そして糸きりばさみで糸を切ります。

    STEP2:波ぬいをする

    針を布に刺します。

    ミシンで本縫いする位置から2mmほど内側を、平行に縫います。そうすると、ミシンで本縫いした後、しつけ糸を簡単に外せます。

    針を刺した位置から0.5cm程のところで、針を表に出して、針と糸をゆっくりひっぱります。表に出した針を1cm程のところでもう1度刺します。これを繰り返します。

    写真のように、引っ張るとき糸を10cm程残しておくと、糸がぬけません。

    STEP3:布を伸ばして完成

    布を伸ばして、しわをなくします。

    しつけを上手にやるためのポイント

    1針縫っては糸を引っ張る、という作業を続けると、全て縫うのに時間がかかります。3~5針ぐらいまとめて刺しておいて、糸を1度に引っ張ると効率が良いです。

    また縫うときは、針を上下に動かすのではなく、布を上下に動かして縫うのがポイントです。

    おわりに

    玉止めを省略することで、とても簡単に早く縫うことができます。綺麗に仕上げるためには、ミシンで縫う前に、しつけをすることをオススメします。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人