1. 料理
    2. 好みのコーヒー豆を選ぶためのポイントと基礎知識

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    好みのコーヒー豆を選ぶためのポイントと基礎知識

    毎日のくつろぎの時間に口にするコーヒーだからこそ、自分に合った好みの豆を選びたいものですね。この記事では、数あるコーヒー豆の中から好みのものを選ぶための基本的なポイントをご紹介します。

    品種の違いと特徴

    一般的に流通しているコーヒー豆は、大きく「アラビカ種」と「カネフォラ(ロブスタ)種」の2種類に分けられます。

    アラビカ種

    華やかな香りと酸味が特徴です。レギュラーコーヒーの大半を占めています。

    カネフォラ(ロブスタ)種

    独特の香ばしさと強い苦味が特徴です。インスタントコーヒー等に一部ブレンドされています。

    精選の方式と風味の関係

    コーヒー豆として市販されているもののほとんどはアラビカ種です。以下、アラビカ種について述べていきます。

    コーヒーの生豆を果実から取り出す工程を「精選」と呼び、この方式によって口当たりが異なります。産地によって主に行われている方式が決まっていますので、まずはここを理解しましょう。

    非水洗式(ナチュラル)

    果実ごと乾燥させた後、生豆を取り出す方法です。ソフトな口当たりに仕上がります。ブラジル、エチオピア、イエメン等で広く行われています。

    水洗式(ウォッシュド)

    果肉を取り除いた後、水洗、乾燥させ、生豆を取り出す方法です。クリーンでシャープな口当たりになります。上述した非水洗式以外の各地で行われています。

    スマトラ式

    果肉を取り除いた後一次乾燥させ、生豆を取り出してから更に仕上げ乾燥を行う方法で、なめらかなコクのある味が出ます。インドネシアのスマトラ島、スラウェシ島で行われています。

    産地と風味の傾向

    コーヒー豆は、産地によって風味の傾向が存在します。先ほど述べた精選の方式と併せて押さえておけば、選ぶべき銘柄の候補はグッと絞られるはずです。

    南米系(非水洗)

    酸味と苦味のバランスが良く、個性が強くないため、ブレンドのベースとしても適しています。ブラジルが代表的です。

    アフリカ・アラビア系(非水洗)

    柔らかな酸味とコク、甘い香りが特徴です。エチオピアやイエメンのモカと付く銘柄がこれにあたります。

    中南米系(水洗)

    スッキリとした酸味と爽やかな後味です。メキシコやグアテマラ、ペルーなどが挙げられます。

    コロンビア・アフリカ系(水洗)

    酸味が特徴ですが、中南米系よりコクがあって重厚な風味です。コロンビアやタンザニアのキリマンジャロが広く飲まれています。

    カリブ系(水洗)

    酸味とコク、香りのバランスに優れ、日本人好みの味だと言われています。ジャマイカのブルーマウンテンが有名です。

    アジア・オセアニア系(水洗)

    酸味とコクのバランスがとれており、カリブ系より重厚な風味です。インドネシアのトラジャ、パプアニューギニア等が主な銘柄です。

    ハワイ系(水洗)

    爽やかな酸味と適度なコクがあります。ハワイコナは品質も良い高級品です。

    アジア系(スマトラ式)

    なめらかな苦味と深いコクが特徴です。インドネシアのマンデリンは広く人気のある銘柄です。

    ここで述べた風味の特徴は、中煎りの豆を抽出した場合のものであり、焙煎の深さによって味も異なります。また、銘柄や農園の違いによっては必ずしも当てはまらない場合がありますので、お店の表示もよく確認しましょう。

    実際に選んで飲んでいるもの

    著者は重厚でバランスの良い風味のコーヒーが好きなので、アジア・オセアニア系から選ぶことが多く、中でもインドネシアのトラジャをよく購入しています。

    どっしりとした味わいが高い満足感を得られるので、気に入っています。

    実際に淹れてみる

    淹れ方はペーパードリップで行うのが一般的だと思いますが、コーヒーメーカーよりもハンドドリップをオススメします。なぜなら、抽出の自由度が高く、同じ豆でも味の微調整が可能だからです。

    苦味を強調したい場合は、豆の挽き方を細かくすることや、抽出速度をゆっくりにすることが有効で、酸味を立たせたい場合はその逆の操作をします。気分に合わせて、少し違った味を楽しめるのがハンドドリップの魅力です。

    ただ、マシンで淹れるよりばらつきが大きいため、慣れないうちは同じように淹れているつもりでも、毎回違う味のコーヒーが出来上がります。

    だからこそ思い通りの一杯が淹れられた時はとても嬉しく、いつもより満足感が得られます。こうして試行錯誤しながら抽出の腕を磨くのも、コーヒーの奥深さの一つと言えると思います。

    挽き方を粗めにし、粉の量を2~3割増やすと味が比較的安定します。

    おわりに

    コーヒーは産地や焙煎、ブレンドにより、無限の組み合わせがあります。その中から自分だけの一杯を見つけるのはとても大変なことですが、楽しくもあります。この記事が、そんな日々の楽しみの一助となれば幸いです。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人