\ フォローしてね /

3色で可愛く!折り紙で三角形の正六面体を折る方法

三角形の正六面体の折り紙です。3色で作ると可愛いですよ。

小学生の頃、このパーツを6個使ってさいころ型の組み折り紙をしていたとき、思いつきで一箇所さらに折ってこの三面体を作りました。

折り紙歴

  • 参考:図書館にある折り紙の本をよく参考にします。
  • 頻度:年に2~3回折り紙を集中して折ることがあります。
  • タイミング:興味のある折り紙と出会ったときに折り紙をします。
  • よく折る折り紙:組み合わせていく折り紙をよく折ります。

折り方(出来上がり…短い辺:約2.5cm、長い辺:約3.8cm)

用意する材料・道具類

  • 7.5cm×7.5cmの折り紙:3枚

STEP1:半分に折る

中央で半分に折り、折れ線をつけます。

STEP2:さらに半分に折る

中央にできた折れ線に向かって、さらに半分に折ります。

STEP3:広げて右上の部分を1/4の線に向かって三角に折る

最初の大きさに広げて、右上の部分を1/4の線に向かって三角に折ります。

STEP4:対角線上の反対側も同様に三角に折る

STEP3で作った三角の対角線上の反対側も、同様に1/4のところで折ってから開き、1/4の線まで左下を三角に折ります。

STEP5:両端1/4を中央に折る

STEP2で付いた線に沿って、両端1/4を中央に向って折り曲げ閉じた状態です。

STEP6:左下の三角の部分に沿って右下から折る

左下の三角の部分に沿って、右下の部分を折ります。

STEP7:左1/4を広げてSTEP6の右下の三角を入れる

左1/4を広げて、STEP6の三角を下に入れて戻します。

STEP8:上の部分も同様にして右1/4の中に入れ込む

上半分も同様に折り、右1/4の下に入れ込みます。

STEP9:裏返して、三角の部分を正方形に重なるように折る

裏返して、正方形になるように赤線の部分を折ります。

両方とも折ると、正方形に重なるようになります。

STEP10:表に返し山折にする

表に返して、裏にある三角に沿って山折りにします。

少し開いて、上から見たところです。

STEP11:同じものを三つ作ります。

これを全部で3つ作ります。色違いにすると綺麗です。

STEP12:二つのパーツを組む

二つのパーツを用意します。

二つのパーツを写真のように重ねます。

上の黄色の先を紫のポケット部分に入れます。

裏返します。

今度は紫の先の部分を写真のように黄色のポケット部分に入れます。

STEP13:三つ目めのパーツを組む

写真のように三つ目のパーツを置きます。

緑のポケット部分に黄色の先を入れます。

裏に返します。

STEP14:開いて立体にする

紫と黄色を、あらかじめ折っておいたパーツの中央部分の山折に沿ってひらきます。立体が見えてきました。

STEP15:緑を立ち上げる

緑のパーツを立ち上げてます。このとき、中央で山折にした折り目は、少し折れた状態にしておきます。

紫の先を立ち上げた緑のポケットに入れます。ちょっと抜けやすいので、気をつけて入れてください。

綺麗に入りました。

STEP16:仕上げ

向きを反対にします。

緑の先を紫のポケットに入れます。

入ったところです。

最後に残った緑の部分が見えるよう置きます。

黄色のポケットに入れます。

入ったら出来上がりです。

STEP17:出来上がり

出来上がりです。

上手に折るコツ

パーツを組み立てるときに抜けやすい所があるので抜けないように焦らずに
一つ一つ丁寧にポケット部分に入れていってください。

色の組み合わせはお好きな色でよいと思います。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。