\ フォローしてね /

干し椎茸と高野豆腐の含め煮の作り方

干し椎茸と高野豆腐を使った「含め煮」の作り方を紹介します。

含め煮とは

含め煮とは、たっぷりの煮汁の味をよくしみこませ、やわらかく煮ることを言います。味付けは薄めで、味を含ませるように煮る調理方法です。

材料(2人分)

  • 高野豆腐・・・2枚
  • 干し椎茸・・・3個
  • 〔A〕水・・・300cc
  • 〔A〕白ダシ・・・小さじ2
  • 〔A〕砂糖・・・小さじ1
  • 〔A〕みりん・・・大さじ1
  • 〔A〕醤油・・・小さじ2

作り方(調理時間:30分)

STEP1:干物を戻す

高野豆腐は50度くらいの湯に1~2分つけて戻します。戻ったら両手で高野豆腐を挟むように絞ってください。

高野豆腐を戻す場合は火傷に注意してください。
椎茸の戻し方については「10分で戻る!干し椎茸の下ごしらえの方法」に詳しく書いてますので、参考にしてください。

STEP2:具材を切る

椎茸は軸を切り落とし半分に、高野豆腐は4等分しましょう。

STEP3:煮汁を作る

最初に煮汁を作ります。まずは、鍋に〔A〕の水を入れます。沸騰したら、弱火~中火の間にし、白ダシを加えます。

STEP4:みりんを加える

STEP3にみりんを加えます。

STEP5:醤油を加える

STEP4に醤油を加えます。

STEP6:具材を入れる

STEP5を弱火にしSTEP2の具材を入れ、落とし蓋をし弱火で10~15分くらい含め煮します。

焦がさないように時々様子をみましょう。

STEP7:火を止める

STEP6の煮汁が少なくなったら火を止めます。

STEP8:盛り付けて完成!

STEP7を器に盛りつけます。完成です!

さいごに

一見変化がない高野豆腐ですが、ひと口食べると口の中がジューシーで幸せな気分になります。

また薄味で上品な仕上がりなので、おもてなし料理等にもお勧めできます。

ぜひお試しください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。