\ フォローしてね /

英語と芸術に触れる!ロンドン語学留学にかかった費用

留学を考えている多くの方がその費用について悩んでいるのでないでしょうか。この記事では著者の経験を元に、3ヶ月間の語学留学でかかった費用についてご紹介します。

著者のロンドン語学留学の概要

英語も学びたかったですが、ダンスも学びたかったので、有名なダンススタジオのあるロンドンを留学地に選びました。また、治安がアメリカよりも良いのもロンドンを選んだ理由です。予算は100万円だったので3ヶ月の留学となりました。

芸術に触れた語学留学

3ヶ月間、ロンドンで語学学校に通っていました。午前は英語を学び、午後はダンスを習ったり、観劇などを楽しんでいました。素晴らしい美術館や博物館がたくさんあり、無料で入館できたのも良かったです。

行った時期、期間について

2005年5月14日から2005年8月7日までです。夏で寒くありませんでしたし、何よりも日が長かったので最高でした。6月後半は夜10時近くまで明るかったので、1日中充実した日々を過ごせました。

場所、住んだ場所

ロンドンのフラムという場所にある語学学校に通い、その近くのフラットと呼ばれるシェアハウスに住んでいました。

このシェアハウスは語学学校から斡旋されたものです。学校の近くのフラットを希望し、その通りになったので良かったです。場合によっては、学校から遠くになってしまう場合もあるようです。

他の選択肢はホームステイがありました。もちろん、滞在先の斡旋を申し込まなくても良いです。不慣れな土地での不動産探しは大変だと思ったので、著者は紹介してもらいました。

著者はポルトガル人のカップルとアパートをシェアして泊まっていました。部屋は個室ですが居間やキッチン、トイレやバスは共同です。トイレが1つで3人で使うので、朝は待たなければならないことも多かったです。また、建物が古く、水を流しすぎるとトイレの水が流れなくなるという不便さはありました。

フラムの治安はロンドンの中でもとても良かったです。夜遅くに帰宅しても危険を感じたことはありませんでした。ただ、油断は禁物です。人によっては強盗にあった人もいるからです。

留学中に学んだことや経験したこと

平日の午前中は語学学校に通って英語を学んでいました。余暇はロンドン中心部のダンス教室でダンスを習ったり、ミュージカルやダンスの鑑賞を楽しみました。

空いた時間は美術館や博物館に行ったり、街を散策したりして過ごしていました。

3ヶ月間の語学留学による英語の上達度合いは、話す力はもちろん、聞く力、読む力が明らかに伸びました。元々日常会話はこなせましたが、少し難しい内容でも分かるようになった感じです。

ダンスは日本で徹底的に練習してから行きました。日本のバレエ団やトップレベルのダンススクールで習っていたので、技術的にはロンドンでも同じことを習っただけでした。しかし、芸術性や表現力は向上したと思います。

費用について

  • 語学学校授業料(12週間分)…631ポンド(約13万円)
  • 滞在料(紹介料なども含む)…1115ポンド(約23万円)
  • 航空券代金…140,500円
  • 海外旅行保険…25,500円
  • ダンスレッスン料…630ポンド(約13万円)
  • 観劇代(ミュージカルやダンス等)…640ポンド(約13万円)
  • 食費…550ポンド(約11万)
  • その他(交通費、観光代等)…600ポンド(約12万円)
全部で100万円程度でした。

かかった費用についての教訓

為替レートが悪かったために高くつきました。しかし、留学斡旋会社は無料のところを使ったので、他の留学者よりもかなり安かったようです。

語学学校には他にも日本人の参加者がいたのですが、同じような内容なのに、かなり高額の支払いが必要だったそうです。

インターネットの掲示板で留学に関する口コミ情報を見ていて、無料の留学斡旋会社の存在を知りました。留学斡旋無料の会社の発見方法は、インターネットの検索エンジンに「無料 留学」と入力して検索しました。多数の会社があるので、無料のところを見付けることは難しくありません。

但し、地方の人は近くにはない可能性は高いです。

おわりに

たった3ヶ月の留学でしたが、英語力もつき、ダンスも上達し、ミュージカルを始めとする数々の舞台を見ることができたので大満足です。治安も良く、交通の便も良かったので、充実した日々を送れました。

多少、費用はかかりましたが、それ以上のものを得られたと思っています。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。