1. 料理
    2. シンプルな味付けが美味しい!アサリとホタテで実践する酒蒸しのやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    シンプルな味付けが美味しい!アサリとホタテで実践する酒蒸しのやり方

    酒蒸しとは、具材に酒をふりかけて蒸す料理のことです。貝類をこの手法で調理するととても美味しく食べられますので、今回はアサリとホタテを使って、そのやり方をご紹介したいと思います。

    用意するもの(3人分)

    • アサリ:200g
    • ホタテ:3個
    • 鷹の爪:1個
    • 青ネギ:1本
    • サラダ油:適量
    • 酒:大さじ2
    • 塩:適量

    具体的な酒蒸しのやり方

    STEP1:アサリの砂抜きをする

    アサリを海水と同じぐらいの濃度の塩水に1時間ほどつけて、砂抜きをします。

    STEP2:アサリを洗う

    砂抜きしたアサリを、流水の中で貝同士をこすり合わせるようにして洗い、水気を切ります。

    STEP3:具材を切る

    ホタテは半分に、鷹の爪は輪切り、青ネギは小口切りにそれぞれ切ります。

    STEP4:フライパンに具材を入れる

    フライパンにサラダ油を薄く敷き、アサリ、ホタテ、鷹の爪を入れて中火にかけ、30秒ほど軽くかき混ぜます。

    STEP5:酒を入れる

    次に酒を、フライパンに回し入れます。

    STEP6:フタをする

    すぐにフタをし、時々フライパンを軽くゆすりながら2~3分熱を加えます。

    STEP7:状態を確認する

    フタを開けてみて、アサリの殻が全部開いていたら火を止め、塩で味を調えます。

    STEP8:完成!

    器に盛り付けて、青ネギをたっぷりかけたら完成です。

    酒蒸しのコツや注意点

    料理に合わせたお酒を選ぶ

    酒蒸しは、日本酒だけでなく、白ワインを使っても美味しくできます。なので、その日の献立が和食の時は今回説明したやり方で作りますが、洋食の時は白ワインの酒蒸しに変更します。

    その時は、サラダ油ではなく、バターで貝類を炒めると美味しいですよ。

    おわりに

    蒸すことでアルコール分が飛ぶので、お子さんにも安心して食べてもらえるメニューです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人