\ フォローしてね /

自立語の活用と活用形を学ぶポイント

現代文でもそうですが、古文の世界にも活用があります。今回は古文の自立語の活用と活用形の学び方についてご紹介したいと思います。古文文法の基礎知識となる重要なものなので、ぜひご一読下さい。

自立語の活用について

各用語の説明

「活用」とは何かを説明するために、まず必要な用語の説明を簡単にしておきます。

自立語とは

単語の中には、単独でも意味を持つものがあります。例えば「書く」はそれだけでも意味がわかりますね。この単独で意味を持つ語のことを自立語(1つでも自立できる語)と言います。

逆に他の単語と一緒でなければ意味を持つことができないものがあります。打消を表す「~ず」はそれだけでは意味がわかりません。このような単語のことを付属語(他の語について意味を添えるもの)と言います。

活用とは

単語には、前後の単語につなげるために、語尾が変化するものがあります。例えば「書く」という言葉に、否定を表す「~ず」を付けると、「書+ず」となり、語尾が「く」から「か」に変化しますね。このような語尾の変化を「活用する」と言います。

逆に後に何がきても語尾が変わらないものがあります。例えば「かぐや姫」という単語の前後には何をつけても変化しませんね。このような語は「活用しない」語となります。

自立語で活用する語は、動詞・形容詞・形容動詞です。付属語で活用する語は助動詞です。それぞれが、前後の単語に影響を受け、語尾を変化させます。

そして、前後の語に従い活用する形のことを「活用形」と言い、その意味合いによってそれぞれに名前がついています。以上、簡単にですが用語の説明をしました。

自立語の活用形について

古文の活用形の種類

古文の活用形には以下のものがあります。

  • 未然形
  • 連用形
  • 終止形
  • 連体形
  • 已然形
  • 命令形

已然形以外は現代語の文法でも習うので、耳にしたことがあるのではないでしょうか?では1つ1つの用法について説明します。

未然形

「未(いま)だ然(しか)らざる(まだそうなっていない)形」という意味です。
後に「~ず」などがつく場合の語尾の形です。

例:動詞「書く」の場合、「書く」+「ず」=「書ず」となります。

現代語の文法で「仮定形」に当たるものは、この「未然形」に入ります。

連用形

「用言(動詞・形容詞・形容動詞の別名)に連なる形」という意味です。後に「~たり」などがつく場合の語尾の形です。

例:動詞「書く」の場合、「書く」+「たり」=「書たり」となります。

終止形

「文の終わりの形」という意味です。後に「。(句点)」などがつく場合の語尾の形です。終止形は基本形とも呼ばれることもあり、活用する語の元の形と同一です。

例:動詞「書く」の場合、「書く」+「。」=「書。」となります。

連体形

「体言(名詞など)に連なる形」という意味です。後に「~こと・~とき」などがつく場合の語尾の形です。

例:動詞「書く」の場合、「書く」+「こと」=「書こと」となります。

已然形

「已(すで)に然(しか)る(既にそうなっている)形」という意味になります。後に「~ども・~ば」などがつく場合の語尾の形です。

例:動詞「書く」の場合、「書く」+「ば」=「書ば」となります。

命令形

「命令する形」という意味です。

例:動詞「書く」の場合、「書」となります。

活用形の見分け方・見分けるメリット

活用形の見分け方

活用形は、「自立語の活用形について」で説明したように、前後にどのような語がついているかによって見分けることができます。

例:「行かず」なら「~ず」がついているので「未然形」

活用形を見分けるメリット

活用形を見分けることが出来れば、その語の終止形(基本形)がわかり、現代語訳の際にとても役立ちます。

例えば、

あやしき業をつつ(源氏物語)
まはりをきびしく囲ひたりこそ(徒然草)

同じ「し」が使われていますが、上は動詞「す」の連用形、下は過去の助動詞「き」の連体形になります。訳すと「失礼なことをて」「周囲を厳しく囲ってあっことこそ」となり、この訳し分けが出来るかどうかが得点の分かれ道になります。

おわりに

今回は自立語の活用や、活用形についてご紹介しました。出来るだけわかりやすくするために、細かい説明は省いていますが、皆様のお役に立てば幸いです。

また古文の例文についてのみ「完訳用例古語辞典 金田一春彦監修 学研」から引用しています。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。