\ フォローしてね /

オススメなネル・ドリップ式コーヒーの淹れ方

我が家のネル・ドリップ式コーヒーの淹れ方をご紹介します。

用意するもの

  • コーヒー豆…1人分に付き、計量スプーン1杯(10g)
  • コーヒーミル(著者のものは手動式)
  • ネルドリップポット
  • 計量スプーン
  • やかん:先が細いものの方が好ましい
  • お湯…1人分につき180ml
  • お好きなコーヒーカップ

ネル・ドリップ式コーヒーの淹れ方

お湯を沸かしておく:1人分は180ml位ですが、ネルドリップポット、コーヒーカップを温めたいので少し余分に沸かしておくのもオススメです。

STEP1:暖める

ネルドリップポットのネルの上からお湯をそそぎ、ネルを湿らせ、ポット本体を暖めます。コーヒーカップにもお湯を注ぎ温めておきましょう。

STEP2:コーヒー豆を挽く

計量スプーンでコーヒー豆を量りながら、コーヒーミルに入れて挽きます。我が家では、1人分がスプーン摺り切り1杯と計算します。

豆によって味が違います。いろいろ試して、ご自身の好きな分量を探し出し、このスプーンで、豆の状態で、これ位と決めておけば便利です。

STEP3:ネルドリップポットにコーヒーを入れる

温めていたネルドリップポットのお湯を捨てます。ネルに挽いたコーヒー豆を人数分入れます。

STEP4:コーヒーを蒸らす

コーヒーの上から、そっとコーヒーが湿る位の少量のお湯を注ぎ、コーヒーを1分間位蒸らします。

STEP5:コーヒーにお湯をそそぐ

そっと、出来るだけやかんの口から細くお湯が出るようにして、コーヒーに回しかけます。

著者は、「の」の字を書くように、ゆっくり丸く回しかけています。
ポット下に目盛りがありますので、人数分になれば、ネルをポットから外します。

STEP6:コーヒーカップにそそぐ

温める為にコーヒーカップに入れていたお湯を捨て、コーヒーを入れます。お好みで、砂糖、クリープを入れて出来上がりです。

著者のこだわりポイント

「おいしくなーれ」と思いながら、ゆっくり豆を挽きます。

コーヒーの香りを引き出す為の蒸らしは必ず行います。時間が無い時など、すぐ注ぎたくなり、面倒な作業ですが、この作業をするのとしないのでは香りが違う気がします。

注意点

勿体無いからと言って、お湯を余分に入れたら美味しくないです。また、お湯を扱うので、火傷に注意しましょう。

コーヒーの分量は豆の状態で決めます。粉で決めた場合、挽きすぎて粉が残った時困ります。いつも挽きたてを飲みたいのであれば、粉で保存しないようにしましょう。

おわりに

コーヒーの入れ方で調べると、「1人何gで」でと細かく書いていて、すごく難しそうな気がします。豆によって、味も違いますし、自分が飲む物ですので、著者は自分が美味しければいいんだと割り切ってからは簡単に入れられるようになりました。

自己流の入れ方なので、参考程度にご覧下さいね。

豆を挽いて入れたコーヒーは味だけでは無く、お部屋もいい香りに包まれて、ほっとできます。ぜひ、お試し下さい。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。