1. 暮らし
    2. 飛行機の中で寒さと騒音から身を守るシンプルな方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    飛行機の中で寒さと騒音から身を守るシンプルな方法

    飛行機乗るときは要チェック!

    国際線の飛行機の中で毛布は配布されるものの、結構空調がきついことが多いです。寒い思いをした人が多いのではないかと思います。

    また、飛行機は音も結構するので少しでも防音したいなと思う方もいらっしゃるでしょう。

    多めに防寒着や耳栓を持っていくのが一番ですが、荷物にもなるし耳栓は小さいのですぐなくしてしまう。

    そんなわけで、寒さと防音から身を守る最もシンプルな方法をご紹介します。

    フード付きのパーカーを来て乗る

    これだけです。

    飛行機にはフードの付いたパーカーを来て、搭乗することをおススメします。毛布をかぶってもなお寒い時には、フードをかぶってしまえば、首まわりが温まり、身体全体も暖まるように感じます。

    また、フードで耳まですっぽり覆ってしまうので、ある程度騒音もブロックすることができます。また、フードが大きめのものだと、アイマスクの代わりにもなって、眠たいのに隣の人が電灯をつけて本を読んでいて眠れない!という時にも対応できます。

    ユニクロをかわいくリメイクしちゃおう!
    簡単リメイク!ユニクロ無地パーカーをオシャレに変身させる方法

    ジッパーで前が開くものだと着替えも簡単

    フード付きのパーカーはプルオーバーだと熱いときに脱いだり着たりするのが飛行機の狭い席では大変なので、フロントにジッパーのついたものをおススメします。

    もちろん騒音対策には耳栓も活躍!

    飛行機には赤ちゃんも乗っている場合があります。長時間のフライトなど特に、赤ちゃんの泣き声やその他の音が気になる時間帯もあります。

    そんなときのために耳栓を持っていくと活躍しますよ。

    このライフレシピを書いた人