1. 料理
    2. 時間がかかっても絶品!カボチャのモンブランタルトの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    時間がかかっても絶品!カボチャのモンブランタルトの作り方

    カボチャのモンブランを作ってみました。このモンブランのレシピを、こちらの記事にて紹介します。

    今回は、モンブランの土台をVitantonioのワッフル&ホットサンドベーカー「VWH-4000-K」と付属のタルトレットプレートで作りました。土台部分に関しては、セットする量や焼く時間などはお使いの機器の取扱説明書を参照してください。

    製品サイト:VWH-4000-K/Vitantonio

    材料(4個分)

    タルト生地

    • ホットケーキミックス:100g
    • バター:大さじ2
    • 牛乳:大さじ2半

    アーモンドクリーム

    • バター:40g
    • きび砂糖:40g
    • アーモンドプードル:40g
    • 卵:40g
    卵は全卵を溶きほぐして40gを使います。

    カボチャクリーム

    • カボチャ:130g
    • 生クリーム:100g
    • バター:10g
    • きび砂糖:30g
    • シナモン:2〜3振り
    カボチャは種、中綿を取り、皮を剝いた状態の重さです。

    作り方(調理時間:90分)

    STEP1:タルト生地作り

    耐熱のボールに牛乳、バターを入れて500Wのレンジで10秒ほど温めます。

    泡立て器でバターと牛乳をかき混ぜ、ホットケーキミックスを入れます。

    ゴムベラを利用して混ぜます。

    全体が混ざったら軽くラップして冷蔵庫で30分寝かせます。

    STEP2:タルト作り

    ワッフル&ホットサンドベーカーにタルトプレートをセットして電源を入れて予熱します。

    寝かせておいた生地を取り出して4等分します。

    予熱が完了したらタルトプレートに生地を乗せます。

    生地を乗せたらフタをして5〜7分焼きます。

    5分ぐらい経ったところでフタを開けて確認します。この後、さらにオーブンで焼くので、焼きすぎにならないぐらいで取り出します。

    目安としては、生地が少しきつね色がかったぐらいが調度良いです。著者の画像の生地は少し焼きすぎてしまいました。

    ワッフル&ホットサンドベーカーは一回に2枚のタルトプレートしか焼けませんので、同じ行程をもう一度行います。

    STEP3:カボチャの準備

    耐熱のボウルに適当な大きさに切ったカボチャを入れ、ラップをして600Wのレンジで4分ほど温めます。

    カボチャの大きさですが、あとでマッシュしますので大きさは適当でかまいません。

    レンジから出し、竹串をさしてみてスッと刺さるようならOKです。まだ固い場合はもう少し加熱してください。

    マッシャーを使ってマッシュします。

    STEP4:アーモンドクリーム作り

    耐熱のボウルにバターを入れラップなしで600Wのレンジで20秒間温めます。

    オーブンを180℃に予熱します。

    きび砂糖を入れ、泡立て器でよくかき混ぜます。

    泡立て器でかき混ぜながらよく溶いた卵を少しずつ入れていきます。

    アーモンドプードルを入れてよくかき混ぜます。

    STEP5:タルトにアーモンドクリームを入れる

    タルトにアーモンドクリームをゴムベラなどで入れます。

    オーブンの天板にクッキングシートを敷き、その上にアーモンドクリームを入れたタルトを並べます。

    STEP6:焼く

    オーブンで20分焼きます。

    焼いたら取り出してそのまま冷ましておきます。

    STEP7:カボチャクリーム作り

    鍋に牛乳、バター、きび砂糖を入れて火を点けます。

    中火よりも強めの火力にて、木べらでカボチャをさらに潰しながらかき混ぜます。

    全体が大体混ざったらシナモンを入れて更に混ぜます。

    すべてが混ざったらカボチャクリームは完成です。そのまま冷ましておきます。

    STEP8:ホイップクリーム作り

    ホイップクリームを作ります。作るのがめんどうなら市販のものでもかまいません。

    市販のホイップクリームを使用しない場合は、ツノが立つぐらいのホイップクリームを作るようにします。

    STEP9:デコレーション

    STEP6で作ったタルトとアーモンドクリームを利用した土台にホイップクリームを乗せます。

    絞り器を利用してカボチャクリームをデコレーションします。

    今回著者は百均などで売っているクリームの絞り器を利用しました。絞り器にカボチャクリームを入れて、クリームの入った袋のお尻の部分を利き手で握り、もう一つの手で口金付近を持ちます。

    利き手側でカボチャクリームを押し出すというよりも、少しずつ握りながら手を下に移動させるようにしてクリームを出しつつ、口金をタルトにそって動かしていくことでキレイにデコレーションできるはずです。

    モンブラン用などの絞り器の口金が細い場合には、STEP7でカボチャクリームを作った際に、一度裏ごしをしておかないとカボチャの粒が詰まってしまいます。

    さらに上に生クリームをトッピングします。

    STEP10:完成

    冷蔵庫で冷やしてお食べください。

    おわりに

    半分に切るとこんな感じです。

    行程が多くかなりめんどくさいですが、食べたら絶品で、めんどくさかったことを忘れてしまうほどです。時間のあるときにでも一度お試し下さい。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人