\ フォローしてね /

健康に影響を与える!フクロモモンガのエサの選び方

著者宅で使用しているフクロモモンガのエサを選ぶポイントをご紹介します。

フクロモモンガの紹介

もうすぐ2歳(メス)のフクロモモンガを飼育しています。名前は「カムカム」です。

使用しているフクロモモンガのエサ

モモンガセレクション

モモンガセレクションを選んだ理由はフクロモモンガの成長に必要なビタミン、ミネラルなどが入っており、栄養バランスも良く、乾燥バナナ・アップルパウダー配合のため喜んで食べています。

フクロモモンガはフルーツが大好きで、匂いに敏感な動物です。慣れさせるために飼い主の匂いが付いた布をポーチに入れると聞いた事もあります。大好きな香りがするパウダーが入っているから食いつきも良いです。

また、自律神経の安定とストレスに気を使い、カモミール・ローズマリーも配合されているそうです。

400g入りですが、2袋に小分けしてされています。しかし、実際のところは1日に食べる量が10粒前後ですので、もう少し少量ずつに小分けして欲しいところです。

無糖ヨーグルト、豆腐

無縁ヨーグルトは消化吸収が良く栄養価も高いし、豆腐はタンパク質がバランスよく含まれているので、主食のモモンガセレクションにまぜてあげています。

果物(野菜)

果物とはりんご、桃、イチゴ、プチトマトの果肉などを好みます。うちのは、みかんは好きですが食べると便が緩くなる為与えていません。

りんごと桃の種はフクロモモンガにとって有毒なので、与える際は必ず種を取り除いて与えましょう。

小動物用チーズ、ヒマワリなどの種、小動物用ゼリー

おやつは部屋で遊んだ後、ゲージに入れるときの誘時に使います。ショップの店員さんに、ヒマワリの種は与えすぎたらハゲると聞きましたので気をつけています。また、与えたと事は無いのですが、ペットショップで購入したミールワームやコオロギなどの昆虫も喜ぶそうです。

:おやつに「小動物用チーズ」「ヒマワリなどの種」「小動物用ゼリー」を選んだ理由は、ラベルにフクロモモンガの写真が載っていたり、ショップでフクロモモンガ用にも大丈夫なおやつと教えてもらったからです。

与えてはいけないもの

りんご、サクランボ、モモなどのの種

種の中にシアン化水素酸という毒性のある物質を含んでおり、フクロモモンガが食べると場合によっては即死してしまうので絶対に与えないようにしましょう。

ネギ類(ネギ、玉ねぎ、にんにくなど)

ネギ類を食べると、フクロモモンガに関しては溶血型のネギ中毒にかかる場合が多いそうです。フクロモモンガに限らず、犬や猫も同じような症状が出る可能性があるので、与えないように気をつけましょう。

人間のおやつ(ポテトチップス、チョコレート、ジュースなど)

人間用のおやつですので脂分・糖分・塩分などが、フクロモモンガにとってはたくさん含まれています。チョコレートはカフェイン中毒になって危険性があるので、ネギ同様に与えないように気をつけましょう。

室内で自由に遊ばせる時、お菓子を出しっぱなしにしていないか、気づかない間に食べていないかなど注意しましょう。

フクロモモンガのエサを選ぶときの注意点

果物や野菜は新鮮なものを選び、ゲージ内に食べ残しが残らないようにします。以前、夏場に数時間置いて置いただけでアリが群がっていました。器は清潔にしましょう。

また、フクロモモンガ用のゼリーなどは常備しておくと、いざという時助かります。著者自身の不注意で寒さで仮死状態になったときに体を温めるという対処をとったのですが、そのときに固形物は食べられなかったけど、流動物であるゼリーを食べてくれて助かりました。

おわりに

フクロモモンガはメジャーな動物ではないのでまだまだ解らない事が一杯あります。小さい体なので少量のエサでも影響し、大きく負担になります。「これくらい大丈夫だろ」と過信せず、ちゃんと調べてから与えるようにしましょう。

こちらの記事を参考に、フクロモモンガのエサ選びをしてみてくださいね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。