\ フォローしてね /

子供も大好き!ツナ入り恵方巻きの作り方

節分といえば豆まきですが、夕飯のメニューに欠かせないのが恵方巻きですね。

ここではお子さんでも食べられるような、ツナ入りの恵方巻きの作り方を紹介します。

材料(4人分)

酢飯

  • 白いご飯・・・2合
  • すし酢・・・大さじ4

ツナマヨ

  • ツナの缶詰・・・1缶
  • マヨネーズ・・大さじ2
  • 塩コショウ・・・少々
  • 醤油・・・2~3滴

具材

  • 焼き海苔・・・4~5枚
  • キュウリ・・・1/2本
  • 厚焼き卵(市販品で良)・・・1袋
  • ししゃもっこ・・・1パック(35g)
今回はししゃもの卵である「ししゃもっこ」を使っていますが、とびこ(トビウオの卵)でもOKです。

道具

  • まきす
  • ボウル

作り方(調理時間:40分)

STEP1:酢飯を作る

温かいご飯を用意し、すし酢を回しかけたら、切るように混ぜ合わせます。

また、うちわ等であおいで粗熱をとります。

冷たいご飯だと酢が染みこまないので、冷ご飯のときは必ずレンジで加熱するなどしましょう。

STEP2:具材を用意する

ツナはオイルを切って缶から器にあけ、塩コショウとマヨネーズで味つけします。

キュウリは横半分に切り、さらに縦に4等分にします。卵焼きはキュウリの長さと太さを参考にし、同じくらいのサイズに切ります。

STEP3:海苔に酢飯をのせる

まきすを用意し、その上に焼き海苔をおきます。次に「STEP1」の酢飯を酢飯をのせます。

海苔の奥側2cmくらい、手前は1cmくらい空けてご飯を隙間なく広げます。

STEP4:キュウリをのせる

酢飯の真ん中あたりにキュウリをのせます。

STEP5:残りの具材をのせる

キュウリの下にツナ、卵焼き、ししゃもっこをのせます。

STEP6:巻く

STEP5の具を押さえながら、手前から持ち上げて巻きます。

STEP7:巻き終わり

「STEP6」をくるっと巻き終えたら、巻き終わりを下にして置きます。

器に移したときも巻き終わりを下にした状態でおきましょう。

STEP8:完成!

「STEP7」を2~3等分します。完成です!

上手に作るためのポイント

切るときのコツは、ぬらしたふきんやキッチンペーパーで包丁を拭きながら切ること。キレイに切れます。

さいごに

お子さんでも喜んで食べてもらえると思います。また食べ終わるまでおしゃべりしないで食べきるのが恵方巻きの決まりなので、サイズを小さくするといいですね。

ぜひお試しください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。