\ フォローしてね /

ルールを作って見やすく!冷蔵庫内の整頓方法

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

冷蔵庫の中は何かと乱雑になりがちですね。家族みんなが使う冷蔵庫ですから、使いやすい冷蔵庫に整理して毎日快適に過ごしましょう。

ここでは冷蔵庫内の整頓方法を紹介します。

冷蔵庫内の整頓方法

1:入れすぎない

まず、基本は入れすぎないことです。物を入れすぎると、どこに何があるかわからなくなり、自分でも何が入っているか忘れてしまいがちです。

冷蔵庫の中には、自分が把握できているものだけ入れます。不安であれば、冷蔵庫内に入っていて、忘れてはいけないもののメモなどを書いて冷蔵庫に貼っておきます。

著者はとにかく入れすぎないということを、常に心がけています。

入れすぎないことは節電にもつながります。

2:見やすい収納をする

冷蔵庫はなるべく開けている時間が短いほうが良いので、ぱっと見た目がわかりやすい収納をしています。家族みんなが使用する冷蔵庫ですから、誰にでもわかるようにするためにも見た目の分かりやすさは大事だと思います。

主人が自分で冷蔵庫を開けて取り出すデザートやヨーグルトは、賞味期限の近いものから手前に置き、同じ種類のものは縦に並べて、前から順に食べてもらうようにしています。

バターなども使いかけものを手前に置き、ストックは後ろに置いてあります。

3:日持ちのするストック食材の整理

ハム、ベーコン、ソーセージ、チーズなどの日持ちするストック食材は、安いときにまとめて買って、かごに入れて立てて整理しています。こうすることで取り出しやすく、何が入っているか見やすいです。

また、かごに入らないものは買わないルールを作り、買いすぎを防いでいます。

カレーなどのルーやチューブの薬味などもストックを貯めがちなので、冷蔵庫に入れて常にある量や数を把握しています。

かごは冷気がいきわたるように、網目の大きいものが良いと思います。

4:置き場所を決める(棚)

置き場所をきちんと決めておくことは、冷蔵庫の開閉時間を短くし節電にもつながりますし、家族全員がわかりやすいです。

著者の家では

  • 1段目:あまり出し入れしないルー類、チューブ薬味のストックと海苔
  • 2段目:ヨーグルトやデザート、味噌塩麹、バター類
  • 3段目:その日の夕食の下ごしらえをしたものや、賞味期限が近いもの
  • 4段目:卵、日持ちのする食材のストックと主人の飲み物

これをルールとしてきちんと決めておけば、「どこに入れたっけ?」ということもありません。

賞味期限が近いものは、置き場所を決めてまとめて保管すると使い忘れがないと思います。

5:置き場所を決める(ポケット)

著者の家の冷蔵庫は両開きなので、両脇のポケットには細かいものを分別して入れています。

左側は上から調味料類、製菓材料、ふりかけ類の御飯のお供、ボトルの調味量。右側は上から娘用のチーズ、ドレッシング、ソース類、使いかけのチューブの薬味、牛乳や麦茶という感じです。

主人や娘がふりかけなどが大好きなので、たくさんの種類をストックしてありますが、立てて保管しておくと見つけやすいです。

各冷蔵庫によって、棚の幅や高さが違うので入れる順番や場所は変わってくると思いますが、同じジャンルのものをまとめて入れるというのがポイントです。

6:その他冷蔵すると良いもの

麺つゆや醤油、使いかけのケチャップやマヨネーズは質を保つため野菜室に保管しています。

おわりに

冷蔵庫に入れるようなものを買いものするとき、冷蔵庫に入れる前、それに冷蔵庫を開けるときには、必ず自分の家の冷蔵庫の中をイメージしてみましょう。

そうすることで少しずつ、買いすぎを防いだり、節電につながったりということができるようになると思います。

ぜひ、みなさんも冷蔵庫を快適に使用するため、自分なりのルールを決めてみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。